我がハサミコレクション

コレクションするつもりで集めたわけではありません。
私は決して物に凝るタイプの人間ではないのですが、気がついたら集まっていたということはたまにあります。
そんなひとつが剪定バサミです。
剪定バサミ形のものを並べてみました。

09剪定バサミ01
一番左はサボテンというメーカーの採果バサミ、二番目はFELCO300という採果バサミです。
花柄を切る程度ですがもっぱら花柄も剪定バサミで切ってしまいますけどね。
3番目はうちでは一番古いものでメーカーはわかりません。
刃が欠け切れ味も落ちたので処分しようかと思ったのですが、ダイヤモンドシャープナーで砥いでみたら復活したので罪のない場面で時折使っています。
4番目がFELCO7、5番目がFELCO2というフェルコ社製の高級な剪定バサミですが、私の手には少し大きい。
6番目がARS(アルス)V-8。この大きさが私の手に馴染むのですが留めがややゆるみ気味。
そして今年買ったのが右端のフィスカースのギアプルーナーです。
握り部分がギアで回転しながら動くので手にフィットします。
非常に軽く切れ味がいいので驚いています。最近はこればかり。
最後はバカ長いやつですがこれも剪定バサミです。
毎年、一番花が終わって花柄を切り、内向きの交差枝やブラインドの枝を切り取るのですが、茂み深くに手を入れる必要があります。
気をつけてはいても、いつも腕がキズだらけになってしまいます。
あるときこのハサミを見てこれだーと思いました。
持ってみて見かけよりは重くはありません。
なかなか便利です。

09剪定バサミ02
ハサミはこんな状態でぶら下がっています。
その他にも園芸用のハサミは3本あって毎日どれを使おうか迷うほどです。
それでもこれから買おうと思うハサミがひとつあります。
それは太枝切り用のハサミです。
値段もかなりで躊躇しています。

最近はやっと夏らしい気温になりましたがやはり少し涼しめです。
明日も晴れそうです。日中は暑いだろうな。
明日はかなりの数の鉢増しをする予定です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。