不思議なこと

バラを作りをしていると避けて通れないのが病気の防除です。
その病気の代表が黒星病とウドンコ病で、これがなければバラ作りは本当に楽なんですけどね。
わたしの場合、半分はルゴサなのでそちらの心配はありませんが、残りの半分がERやORでこれらに病気に弱いものもあります。
そのために今までいろんな実験を重ねてきました。

今年なんですが、ちょっと異変があります。
ウドンコ病がほとんど発生していないのです。
7月はほぼ毎日雨という状況にもかかわらずウドンコが発生しないのは不思議としか言いようがありません。
バリエガタ・ディ・ボローニャやバロン・ジロー・ド・ランにも全くウドンコはつきませんでした。
バラにかぎらず、いつも今頃は葉が真っ白になるシャクヤクもクレマチスのニオベもまったくその気配すらありません。
何か特別なことをしたわけではありません。
去年の実験で、ウドンコには絶大な効果があるとわかったボトキラーも今年は2度使用しただけで6月途中から使っていませんし、ニームオイルも7月は雨続きであまり散布できないでいました。

こんな年は初めてです。
まだ今シーズンは終わっていないのでまだわかりません。
ウドンコの本格シーズンは秋ですからね。
どうなるか注目です。

09ゴールデンウィングス02
ゴールデン・ウィングス

09ギボウシ01
上の写真とほぼ同じ角度から焦点をギボウシに合わせました。
赤い実はヘンリーハドソンです。

09ドクターエッケナー02
ドクター・エッケナー
春に枝を長めにしていおいたら上のほうでしか咲きません。
背景は灯油タンクと家壁です。

09ドクターエッケナー03
角度を変えて。

今日はほんとうに暑かった。
それもそのはず31℃だったようです。
午後も7月にはなかったかんかん照りで仕事にならず、結局4時半頃から再開しました。
何とか予定通り終了しました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

陽気のせいなのでしょうか。
うちでは初めてハダニが出ました。
うどん粉病は例年のように全く出ていないのですが・・・。

今年も真夏の間は何も撒かず放置状態です^^;

あっちゃんのところはウドンコが出ないのですか?
それにしても放置状態とはたくましいですね。
もっとも、ウドンコや黒点病で死ぬことはありませんからね。
うちもルゴサや一部の種類は放置です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。