小さなオダマキ

セイヨウオダマキの園芸種は大きくてカラフルで見栄えがしますが、小さな原種のオダマキの素朴さもなかなかいいものです。
日本にもミヤマオダマキやヤマオダマキのような原種もありますが、今日は外国産を紹介します。
赤と黄色のコンビネーションが美しいカナダオダマキ(Aquilegia canadensis)です。サイズは小さくて30cmくらいの高さです。原産地は北米に広く分布しているようです。
カナダオダマキ01

こぼれダネでどこからでもよく出てきます。
これはオダマキ共通でしょうね。
カナダオダマキ02

次はクロバナオダマキ(Aquilegia viridiflora)です。
おわんを吊り下げたような形で咲きます。大きさはカナダオダマキとほぼ同じです。原産地はシベリアから中国西部。
クロバナオダマキ01

花色はチョコレート色とでも言うのでしょうか、地面と保護色関係にあります。
庭で咲いていてもどこにあるかわからないくらい。
クロバナオダマキ02

野草のカタクリと同じで顔を撮るのには苦労します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。