地方空港

地方空港に関してはこんな記事もある。

 国土交通省は9日、全国の空港の新設時や滑走路延長時などに試算された国内航空旅客の需要予測と、2008年度の利用者実績の一覧を公表した。両者の比較データがある72空港中、実績が予測を上回ったのは羽田や名古屋など8空港にとどまった。約9割に当たる64空港では予測を下回る結果が出た。
 国や地方自治体などが行う需要予測は空港整備の根拠として位置付けられる。公表された資料は需要予測の想定年度が空港によってまちまちで、単純比較はできないものの、ほぼ半数の空港では実績が予測の半分にも届いておらず、過大な見積もりが全国の空港乱立につながったという批判が強まりそうだ。
 羽田、名古屋以外で、需要予測を上回る実績を達成したのは、旭川(北海道)、庄内(山形)、岡山、長崎、熊本、那覇の各空港。
 予測を下回った64空港のうち、離島を除き最も達成率が低かったのは紋別(北海道)の12.9%。05年度に37万1000人になるとした予測に対し、08年度実績は4万8000人だった。次いで低い石見(島根)は13.5%にとどまった。 


地元民にとって採算が合うのなら空港の存在は願ってもないことだ。
しかし、こんな狭い国土に72もの空港があること自体異常ではないかと思う。
信じられないような都合のいい需要予想をたてて国の金を引き出したのは地元の国会議員だ。
地方空港建設は、選挙の票集めや地元土木業者への公共事業として、道路と並んで利益誘導の道具とされてきた経緯がある。
この地方の将来の責任はいったい誰がとるのだろうか。
最も需要予測達成率の低かった北海道の紋別空港は別名武部空港とも呼ばれている。
武部とはもちろん小泉内閣時代の幹事長だった武部勤氏のことだ。

北海道にはHAC(北海道エアシステム)という道内だけで運行している飛行機会社がある。
この会社の持ち株は北海道が49%、日航が51%ということだ。
いまHACの将来が危ぶまれている。

1003JAL01
日航がこうなったのも日航だけの責任ではない。
がんばれ、日航!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。