EF50mm F1.4 USM

いままで、すっと気になっていた50mmレンズを買った。
EF50mm F1.4 USMだ。
絞りを開放にしたときに得られる独特のボケに魅力を感じていたからだ。
EF50mm F1.2L USMも考えたがさすがに15万のお金はかけられない。
最近よく見に行くサイト、GANREFでこのレンズの写真を見た上でのことだ。
マクロ的な使い方から通常の撮影まで用途は幅広い。
写真は独特のやわらかさがある。

絞りを開放にしたときの雰囲気を見せるためにマクロ的な撮影をしてみた。
50mm・F1.4・ISO 100・1/100S
50mm
夜の蛍光灯下での手持ち撮影だ。
ISOが100にもかかわらず1/100でシャッターが切れるというのがすごい。
焦点が合ったところ意外は見事にボケて対象物により近づいた感じが出ている。

参考のためにEF-S60mm F2.8 マクロ USMとEF100mm F2.8L マクロ IS USMも並べておく。
EF-S60mm F2.8 マクロ USM
60mm・F2.8・ISO 200・1/60S
60mmM
昼間、外の光と蛍光灯の光がありISO 200ながらシャッタースピードは1/60Sだ。
手持ち撮影。
60mmと焦点距離はほぼ道東だが、50mmに比べてボケはずっと少ない。
F値2.8と1.4の差は大きいのだ。

EF100mm F2.8L マクロ IS USM
100mm・F2.8・ISO 200・1/80S
100mmM
撮影環境は上60mmマクロと同じ。手持ち撮影。
ISO感度、F2.8も60mmマクロと同じだがどういうわけかシャッターは1/80S。
望遠の効果か60mmマクロよりはボケが大きいが、50mmと比べるとやはりボケ度は少ない。

この50mmは面白そうだ。
これからもいろんな撮影に使ってみようと思っている。

追伸
大事なことを書き忘れてました。
カメラは Canon EOS 30D です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お久しぶりです。
単焦点の標準レンズ、いいですよねー
このレンズ、以前50mmを買おうと思った時に検討したんですが
結局シグマのレンズにしちゃったんです。
後から、やっぱりこっちの方がよかったかなぁなんて思いましたが、
まあ、どんなレンズでも使いこなすのが楽しい・・・ってことで(^.^;)
これから撮るものの幅も広がるのではないでしょうか。
楽しみにしています。

すみごんさん、どもです(^^)
まだ、ほとんど使っていませんが、面白そうなことは間違いなさそうですね。
実を言うとシグマも考えたのですよ。
シグマのF1.4は口径が大きいじゃないですか。
よりボケ感が強く出るのかなとも考えましたが、
実際の写真を見ると意外とそうでもありませんでした。
最後はわずかな値段差で決めました。

ただボケに関してはAPS-Cとフルサイズではずいぶん違うようですね。

こんにちは。
ブラン・・・とマダム・・・の違い、ありがとうございました。
2つ育ててらっしゃらないとわからない貴重なご意見でしたm(__)m
こちら広島なんで生育とか四季咲き性とか、どうなるんでしょうね。
それも楽しみながら育ててみます。

ボトピカは白くなるか???ですが、あまり気になったことがないので大丈夫かもしれません。大雑把な人なので気が付いていないだけかもですが。

写真素敵ですね。
私も去年一眼デビューしまして、50mmの単焦点で遊んでます。
前後がボケボケで見せたくないところをうまくごまかせるところがいいです。
雑誌の写真みたいに撮れる〜なんて自己満足です。

くわさん、こちらにもありがとうございます。
ルゴサの欠点は暑いと花持ちが特に悪いところでしょか。
四季咲きとはいっても一般的な四季咲きのバラとはやや違うかもしれませんね。
夏剪定して秋に咲くかどうかですね。
北海道は四季咲きのバラはまさに夏中咲かせますので夏剪定ということはしません。
混んだ枝を整理する程度です。

ボトピカ散布後にぜひ観察してみてください。
白くならないようでしたら私もそちらに切り替えようかな。

くわさんも一眼仲間のですね。
掲示板もありますのでぜひ写真を貼りに来てください。
http://potato.1616bbs.com/bbs/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。