上野砂由紀さんの本2冊

「風のガーデン」の庭を造ったことで大ブレイクしている上野砂由紀さんの本二冊紹介します。
2009年の1月に1児の母となり、その年の4月に「上野砂由紀の庭ノート ガーデン花図鑑」(ビズ出版)、そして5月に「北の大地 夢見るガーデン」を相次いで出版しました。
彼女、2008年の「風のガーデン」放送後は各地に引っ張りだこで大変だったようで、大きなおなかで全国飛びまわっていたらしいです。
そして上野ファームの重要な秋の庭仕事を終えて1月に無事出産と相成ったのです。
出産が冬だったのがせめてもの救いだったことでしょう。
それにしても、あの小さな体からどうしてあんなエネルギーが出てくるのでしょうか。

「上野砂由紀の庭ノート ガーデン花図鑑」
9割が上野ガーデンとそこに咲いている花たちの紹介です。
残りがイギリス留学から現在に至るまでの簡単な略歴。
最後に倉本聡氏との対談、風のガーデンができるまでの様子。
上野ファームの花たちを写真で楽しむことができます。
北海道ガーデンを唱える彼女の真髄が見られます。

「北の大地 夢見るガーデン」
前半は上野ガーデンの四季、また夏にガーデンで行っているイベントなどの紹介。
後半が、上野砂由紀さんの生い立ちから大学卒業後のアパレルメーカーへの就職、イギリスガーデニング留学、ガーデニングを始めた理由、風のガーデンのデザインに至るまでの経過、そして次第に夢がすこしづつ実現してゆくさまを文章につづっています。
写真はわずかで8割が文章です。

1003本01
上野砂由紀さんの夢はまだ途上なのでしょう。
これから、上野ガーデンがどう変わってゆくのか楽しみです。
風のガーデンもこれから拡張予定のようでこちらも楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。