EOS 5D MarkⅡ

このカメラが出て以来、ずっと欲しいのを我慢し続けてきた。
30Dでさえ満足に使い切れないのに、私にはあまりに贅沢なカメラだと思っていた。
男は腕もないのにすぐ物欲に走りすぎる。
そう自分に言い聞かせていた。

最近、GANREFというサイトをよく見に行っている。
アマチュア写真家の写真がカメラ別、レンズ別、写真のジャンル別などで見ることができる。
このサイトで、カメラで所有率の一番高いのがEOS 40D、次にEOS 5D MarkⅡ、D300D90EOS 50Dと続く。
このベスト5の中でEOS 5D MarkⅡが一番高価でかつ一番後に発売されたにもかかわらず、所有率が第二位であることに驚いた。
当然、5D MarkⅡの写真を中心に見ることとなった。
皆、かなりレベルが高く、すばらしい写真が並んでいる。
これはこのカメラだからというわけではない。
このカメラはこういう人たちが持つべきなのだ。

私とはレベルが違うのだとは思いながら我慢すること更に数ヶ月。
ある日、ぽろりと本音が出た。
すると、相方いわく
「買っちゃえば」
「え、いいの?」
「どうせ、いずれ買うんでしょ、10万円だけ補助してあげる」
う、10万円・・・?
結局、10万円の補助と私のへそくりそっくりはたいて買う羽目になってしまった。

早速、地元のカメラ店へ急ぐ。
ネットで買うほうが安いのだが、今後のサポートも考えて地元のカメラ店で買うことにした。
考えた挙句レンズセットで買うことにした。
33万何がしの出費はかなり大きい。
幸いに2万円のキャッシュバックキャンペーン中だった。
今後、これ以上のカメラを買うことはないとは思っている。

1003_5Dmk2_03
手に持つとずっしりとした重さが快い。
まだ、まともな撮影をしていない。
昨日の写真も30Dだ。
こうなると春が待ち遠しい。


それではテスト写真を
レンズ:EF24-105mm F4L IS USM 絞り:F4.0 シャッター:1/8 焦点距離:65mm
1003_5Dmk2_01
蛍光灯下、手短なものでテスト。
シャッター1/8にもかかわらずブレていないところがすごい (いや微妙にブレてるか^^;)

レンズ:EF50mm F1.4 USM 絞り:F1.4 シャッター:1/100 焦点距離:50mm
1003_5Dmk2_02
50mmで撮影してみた。
さすがフルサイズ、これ以上近寄れない。
これからの撮影を思うとわくわくする。
でも、なんかプレッシャーがかかりそうだな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちわ

こんにちわ

5D mark II繋がりでこちらにやってまいりました
奇しくも同日に同機種を購入した者です

私の前機種は20Dで、購入は5年以上も前になります。元々フィルムカメラを使っていて、やっと手の届くデジタル1眼レフとして登場した20Dを発売と同時に購入しました
流石に古くなり、動作も不安定になってきたことから新しい機種を考えていて、店頭で7Dと比較しながら検討し、少々無理をして5Dに決めました

20Dと比較するのは酷ですが、操作感や画質は新しい世代のカメラであることを実感します。カメラの重みも程よく、しばらく中断していた写真撮影がまた楽しみになりました

20Dの頃はそういうものだと割り切っていたのですが、やはりAPS-Cサイズには違和感があり、フィルムカメラの頃と同じフルサイズ機に戻れたことで安心もありました。24-105mm 4Lレンズとの組み合わせもよく、堅牢さと手軽さのバランスの良いカメラだと思いますね

パチパチ!祝!5Dご購入!
お仲間が増えました・・・と思ったら、先にコメントされているましゃさんも
お仲間ですね。こりゃ、嬉しい限りです。
私といえば、このところめっきり写真を撮ることが少なくなりました。
が、春の到来とともに徐々に増やしていこうと思っています。
重いけど、いろいろ撮り歩きたいです〜

こんにちは。お久しぶりです。

いい道具は、腕を上げる為には必須ですね。
投資した分、長く大事に使いこなそうとすることがいい結果を生むわけで
時間が経てば、その人也の味のある技もできあがるし。
今後の写真が益々楽しみです。

贔屓にしているバラ苗屋では《ペイブメントシリーズ》の取り扱いが始まりました。
potatoさんの《あんたがたルゴサ♪》で拝見したあれやこれやがリアルで見れる日も近くて、うきうきしています。

こんにちは、ましゃさん
同じ日に5D購入とは奇遇ですね。
仲間ができて心強い感じがします。
前は20Dだったのですね。
わたしのデジタル一眼歴は
kiss D(初代)→30D→5D Mark?となりました。
私もフィルムカメラからです。
AE-1→kiss ?
で一時はリバーサルフィルム(36枚)を一年で70本撮ったこともありました。
フィルム代、現像代も大変でしたがフィルムスキャナーで画像を読み取る作業も大変でした。
24-105mm 4Lは本当にバランスのよいレンズですね。

これからも遊びに来てください。

すみごんさん
お祝い、ありがとうございます。
私もやっとフルサイズ仲間になれました。
30Dもまだ使っていくつもりですけどね。

今後は更にすみごんさんをお手本にやっていこうと思ってますので、よろしく。

azkingさん、コメントありがとうございます。
私の場合にも、よい道具が上達の近道になればうれしいのですがね。
投資額に見合った写真が撮れるようにがんばります。

>《ペイブメントシリーズ》の取り扱いが始まりました。
おお、それはすばらしいですね。
シリーズ全部あったらもっとすばらしいですね。
手に入ったら是非お知らせください。

またやってまいりました

リバーサルフィルム、懐かしいですね。フィルムスキャナも高価でした。ひとつひとつスキャニングしていた頃を思い出します。今では考えられないことですが、撮影条件に応じてISO値の異なるフィルムを準備しておいて、場合によっては現像時に増感指定をしていたものです。ISO値自体をオートにして露出調整が可能な現代のデジタルカメラは、写真機としての新しい境地と言えるかもしれません

実はここ数年ほど写真から離れていて、代わりにビデオ撮影をしていました。5Dを購入した理由のひとつは動画撮影機能にあります。Canon開発者は当初おまけ機能として搭載したライブビュー動画は今やビデオ撮影のトレンドの一つになっています。こちらもとても楽しみです

また遊びにきますね

ましゃさん
やはりいろいろ苦労して撮影していたのですね。すごく共感するところがあります。
私は、バラの図鑑をHP上で作ろうと思っていましたから、バラ園でたくさんのバラを撮影しました。バラの隣には名前を書いたプレートがあるのですが、当初はバラの名前は紙に書き写していました。その次に名前プレートをコンデジで撮り始めました。しかし、バラの写真と名前がずれてわからなくなってしまうこともたびたびで苦労しました。そして、一眼デジカメになって初めて一緒の撮影が可能になりました。

5Dの動画をテストしてみました。
なかなかいいですね。
動画にはあまり興味がなかったのですが、今年は動画にも挑戦してみようかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。