ヨーグルト歯磨きのすすめ

もう7,8年前からヨーグルト歯磨きというのをやっている。
確かラジオでどこやらの大学の教授が教えてくれたものだ。
最初は疑心暗鬼だったが、やってみるとすぐにいくつかの効果を感じることができた。
朝起きたときの、口のいやな感じがなくなっていること。
歯がつるつるした感じになること。
口臭が少なくなっているように感じることなどだ。

長期間続けるともっと違いがわかってくる。
年に何度か起きていた歯肉炎がまったくなくなったこと。
少なくともこれを始めてから経験した歯肉炎は一度だけだ。
さらに、この歯磨きを始めてから新たな虫歯は発生していない。
歯科に通ったのは知覚過敏の治療のための数度だけ。
これも、今までの歯肉炎で歯茎がやせたために起こったものだ。
おそらく歯槽膿漏もかなり防いでくれていると思う。
口の中はすこぶる調子がいい。
その原因は、ヨーグルト菌が虫歯菌の繁殖を防いでいると私は思っている。

ヨーグルト歯磨きの方法
1.まず普通に歯を磨く
2.次に、プレーンヨーグルトをスプーン一杯口に含み毛の柔らかな歯ブラシで歯茎をマッサージするように軽く磨く。
3.ヨーグルト歯磨き後は口をすすがない。
それだけだ。
歯ブラシはそれぞれ2本あったほうはよい。
ヨーグルトは出してもよいし、私のようにごっくんしてもよい。
最近はヨーグルトでクチュクチュするだけのときもある。
一番効果があるのは寝る前、次に朝食後である。
今日ネットでヨーグルトは磨きについて調べてみたら結構やっている人はいるようだ。

最近は口の中を除菌するようなマウスウォッシュなる薬剤が出ているがどうかと思う。
ほどほどの除菌ならあまり効果がないと思われるし、完全な除菌(ありえないけど)は逆に危険だ。
虫歯菌だけを除菌してくれるのなら別だがなんでも除菌すればよいというわけではない。
ヨーグルトは細菌同士を拮抗させて他の菌の繁殖を抑えるもので、除菌とは根本的に考え方が違う。
いずれにしても歯垢や歯石をそのままにしたままでは効果はあまり期待できない。
歯垢、歯石を取っておくことがベストだ。
これまで書いたことは、私の単なる持論なので丸ごと信用しないでいただきたい。

1003洗面台01
何の写真を貼ろうかと考えた。
それで、歯磨きにかけて洗面台というわけだ。
5DMarkⅡもこんなもの撮らされて泣いているかもしれない。
鏡に写っているのは私の左半身だ。

植物ネタがないので苦し紛れの感はある。
でも何とか一週間の皆勤をやり遂げた。
来週もできるかの保障はない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

雑誌の《ひと息コラム》的なブログっていう感じで、こんな写真もいいと思います。
よく《本文とは関係性はありません》みたいな注訳ついてたりする、小説とかあるじゃないですか(笑)

他人の日常って、そんなに興味はないんだけど
つまらない毎日とかにちょっと憂鬱を感じている人が見たら、なんでもない写真見て「みんな一緒」って安心したりするかもしれないし。

私は、去年拝見した街ネタを撮った写真が結構好きでしたから、バラがない時期でも冬の旭川の写真が拝見できるかと楽しみにしてましたよ。

azkingさん
好意的なコメントをありがとうございます。
今年はバラもですが、街写真も多く撮ってみようかと思います。
余計な文章はなくとも素敵な写真が載っているというブログもいいなと思います。

なるほど〜。
ビックリな情報ありがとうございます。
ボトピカと考え方は一緒ですね!

くわさん
驚いていただいてありがとうございます。
>ボトピカと考え方は一緒ですね!
そうなんですよね。
こういう話が私のツボなのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。