だまされた!

今年、イオンで見つけて買ったアンリ・マルタンが咲きました?!
ピンクです・・・ピ、ピ、ピンク???
実を言うとアンリ・マルタンは赤色のモスローズなのです。
アンリ・マルタン02

買った植物が表示と違うということは、バラに限らず園芸の世界ではよくあることです。
しかし、300円の苗だったらまあいいかとも思うのですが、バラはそこそこ値段がしますからショックは大きいのです。
ラベルは知る人ぞ知る、み○たに農園です。
ラベルの解説にだって別名レッド・モスと書いてあるじゃないか。
アンリ・マルタン01

実はアンリ・マルタンを買ってピンクの花が咲いたのはこれで二度目です。
前回はケンティフォーリア・ムスコサ(コモン・モス)でした。
すでに持っていたバラだったのでさらにがっくり。

二つ目の花が咲きました。
アンリ・マルタン03

蕾などの様子からしてモスであることは間違いなさそうです。
さて、またもや名前探しが始まるか!
モスは比較的数が限られるので候補を挙げるのは難しくなさそうです。
だれか、わかる人がいたら教えてください。

参考にに百合が原公園のアンリ・マルタンをお見せします。
アンリ・マルタン04

アンリ・マルタンには縁が無いのかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは^^
このピンクのモス、可愛いです〜^^
我が家にも同じラベルで購入したアンリ・マルタンが咲いています。こちらは赤い花でした。

ここはラベル間違いが多いかもしれませんね。
うちでは同じ農園のラベルで購入したイングリッシュローズの『アブラハム・ダービー』が全然違う花で咲いています・・・。

kittenさん、こんにちは
みず○にさんはルゴサワールドで随分お世話になっています。
原種もいくつか買っていますからウチでは結構な割合かもしれません。
そのなかに今回のような間違いや笑っちゃうような命名があったりして楽しませてもらってます。
このピンクモス心当たりがあったらお知らせください。

はじめまして。
スカーレット・イワミザワを探していたらこちらに流れてきました。
とげが刺さりそうな、ユリの花粉が手につきそうなクリアな写真に溜息つきつつうっとりしてしまいました。

ところで《ピンク モス》のあたりなんですが、こちらで見当がつけばと思い以下に貼らせていただきます。
http://antiquerosegarden.dreamblog.jp/16/12/

はるにれさん、こんばんは。
スカーレット・イワミザワを探していたなんて、どこから聞きつけたのでしょう(笑)
写真をお褒めいただいてありがとうございます。

シャッポー・ド・ナポレオンはモスのもしゃもしゃ具合が特徴的ですよね。
うちのピンクモスはナポレオンには及ばないようです。

またいつでも遊びに来てください。

こんにちは。
二度めまして、です。
実は
とうとうスカーレット・イワミザワを入手いたしました。
岩見沢公園内にある色彩館という全天候型植物園を管理する民間会社、空知リゾートで育種販売されていたものです。
そこそこの大苗で、今までのバラ苗入手金額では最高額;
今までは格安ボロ苗ばかりでしたので管理も適当でしたが、今度ばかりは貴賓席を用意しないと!と奮起してます。

ところでピンクモスのことですが貼り付けたサイトページをスクロールしていった先に載っている【ミセス ウィリアム ポール】が一番近いのではないでしょうか?


はるにれさん、こんばんは
スカーレット・イワミザワを手に入れられたのですね。
おめでとうございます。
ここ数年岩見沢にご無沙汰しているので来年にでも行ってみようかと思います。

>ところでピンクモスのことですが・・・
そちらのほうでしたか、おっしゃるとおりよく似ていますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。