また君に恋してる

坂本冬美が紅白で歌ったこの歌が静かにヒットしているそうだ。
この歌がある焼酎のCMであることは知っていたが、それを歌っていたのがビリーバンバンであることは最近知ったことだ。
それならひとつカラオケのレパートリーとして覚えてみるかとyoutubeを開いた。
実を言うとこの歌を通して聴くのは初めてだった。
深く歌詞の意味も考えずに、なかなかいい歌だなーと思っていた。
坂本冬美バージョンも聞いてみる。
本当はこのポップス調の曲が坂本冬美に合うのかと疑問を持っていたが意外と悪くない。
結構泣かせてくれる。

しかし、2度3度聞くうちに、はたと気がついた。
これって自分と同じ年代の男の妻への歌だ。
妻の寝顔を見て、「また君に~恋してる・・・♪」うう~ん!
これはとても恥ずかしくて歌えないな~。
さらに歌詞を見直してみると、これは退職を間際に控えた中年男の懺悔の歌にも思えてきた。
とくに2番の歌詞はそうだ。
まあ、深く考えるなということなのかもしれないが、そう思ってしまうとどうにも気になる。

いつものことながら右下のリストを見ていると、なんだか泣けるCMというのを見つけた。
それがまたこの歌で私が想像した中年男に重なるような内容だった。
ただこのCMにかかっているのはチューリップ(財津和夫)の「青春の影」だ。
かなり長編のCMをごらんあれ。ちょっと作り話すぎるかもしれないけど。
こんなことが照れずにできる男ならもともと妻孝行くらいはできたはずだ、と思うのは私だけか?

そういえば以前、脳卒中で寝たきりになった妻を毎日訪れて世話をする70過ぎの男性がいた。
その尽くし方があまりに献身的だったので声をかけたことがあった。
すると、自分はずっと好きなことをし放題で苦労をかけたので罪滅ぼしですと言っていた。
世の男は自分が先に倒れると思い込んでいる人が多いようだ。
妻孝行をするなら元気なうちが一番ということかもしれない。

そういうことを言っているおまえはどうなのかという声がそこかしこから聞こえてきそうだ。
怪しい雰囲気になってきたところで終わりとする。

1004こいのぼり
近所の幼稚園のこいのぼり。
今日はすっきりと晴れた。
でも、少し寒い。
明日も晴れそうなので早朝の写真でも撮りに行くか。

EOS 30D
TAMRON AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。