早春、上野ファーム

早朝に庭仕事、午前中は仕事、そして午後は再び庭仕事のはずだったが急遽変更。
上野ファームに出かけることにした。
今日もすばらしい快晴で、ゴールデンウィークの最後を飾るのが自宅の庭ではちと寂しい。
今年は寒さで遅れているので、どれだけ咲いているか分からなかったけれどピクニック気分で出かけることにした。
少なくとも早咲きの球根は咲いているだろう。

「写真は美しく撮る」をテーマに今年もがんばろう。
まずはマクロレンズのテストから。
1005チオノドクサ01
チオノドクサ。
和名がユキゲユリ [雪解百合]、それだけ早く咲くということなんだろうな。

1005スイセン01
背の小さいスイセン。
これ、気に入った。

1005ヒヤシンス01
もちろんヒヤシンス。
あたり一面いい香り。

1005プルモナリア01
プルモナリア。
本当は葉っぱが独特なんだけどね。

1005クリスマスローズ01
ごぞんじクリスマスローズ。
恥ずかしがらずにこっちを向いて。

今日もマクロ1本のみ。
背の低い植物ばかりなので、すべて這いつくばって撮影。
芝生なので助かる。
花を撮る分には100mmマクロで何も困ることはないが、庭の全景を撮ろうとしたり、射的山の巨木を撮影しようとしたら入りきらない。
こんなときはやはり広角が欲しいと思ってしまう。

このマクロでの撮影もかなりの数になってきた。
次第にこのレンズのよさが分かってきたかもしれない。
やはりボケ感がよく、細密であり且つやわらかい。
意図的に遠近をつけた撮影を心がけている。

EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。