NO FLASHで室内撮影

今日は花の写真はお休み。

少し前になるが中学時代の同期会を温泉で行った。
私が集合写真を撮ることになっていたのでどちらのカメラを持っていこうかと考えた。
30Dには内蔵ストロボが付いているが、40名の撮影にはとても無理だ。
実は私は40名の写真を撮るためのフラッシュは持っていない。
もしフラッシュなしで撮るのなら高感度が得られる5Dmk2がふさわしい。
しかし、スナップ写真となると5Dmk2よりは内蔵ストロボがある30Dの方がいい。
かといってカメラを二台持っていく気にはならない。
メインは集合写真なので、こうなるとスナップ写真も5Dmk2で絞りを開いて高感度で撮るしかない。
ISO 1600までならほとんどノイズは分からないというデータもある。
かくして、暗いホテルの室内でNO FLASHで写真を撮ることにした。

まず、宴会を始める前に全員集めて集合写真を撮った。
EOS 5Dmk2とEF24-105mm F4L IS USMの組み合わせだ。
絞りF4.5 シャッタースピード1/15 ISO 800
問題はスナップ写真だった。
ISOを1600に上げてみたがシャッタースピードは良くて1/80~1/50だ。
手持ちではぎりぎりのところだ。
それで途中から三脚をつけて持ち歩くことにした。
結局、二次会までそれで撮りきった。

集合写真は若干の調整を必要としたがきれいに撮れていた。
女性の場合フラッシュを焚くと使っている化粧品によっては真っ白に反射してしまうことがある。
フラッシュなしでは全くそれがなく自然な顔色で撮れるところが良かったと思う。
二次会部屋は相当暗いので心配したがこれもほとんど問題なく撮れていた。
蛍光灯の明かりから離れた場所は1/20秒くらいになる。
三脚をつけていたのでカメラはブレていないが、人間がブレてしまうことがあった。
画質を見てこれならISO 3200、6400でもいけたのではないかと思う。
5Dの感度・画質恐るべしだ。

そのときの写真を見せたいがさすがにそんなわけにもいかない。
ということで自宅でテスト撮影。
1006カメラテスト01
EOS 5Dmk2 EF24-105mm F4L IS USM
絞りF4.5 シャッタースピード1/80 ISO 3200 蛍光灯下 手持ち
わざと黒っぽい被写体にしてみた。
ISO 3200が使用可能かどうか試してみたかったのだ。
これを見る限り全く問題はない。

1006カメラテスト02
EOS 5Dmk2 EF24-105mm F4L IS USM
絞りF4.5 シャッタースピード1/50 ISO 3200 蛍光灯下 手持ち
こちらの方がシャッターが長くなってしまった。
蛍光灯から遠い床面に置いたせいだろうと思われる。
こういう被写体のせいか若干色ノイズが見える。
しかしスナップ撮影には全く問題ないだろう。

私はスナップ写真を撮ることはあまりないのでちょっと心配したが結果にはほっとしている。
これで私がストロボを買うことはほとんどなくなった。
実はストロボを買っていこうかとも思っていたのだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クラス会、同窓会など集まりで写真担当になると、けっこう大変ですよね。
お疲れさまでした。

3200でもきれいですね。これはけっこう意外でした。
私はもともと室内写真を撮ることが少ないということもあり、ストロボは
使ったことがありません(20D)し、感度も400以上は上げたことがない
んですよ。カメラの機能のほんの一部しか使っていませんねぇ・・・(^.^;)

必要があって室内でブツ撮りをして、三脚のありがたみを実感しました。
やっぱり手持ちとでは全然違いますね。
が、外に出るとなると持ち歩くのが面倒で・・・いやはや。

今回はデジカメでなければ絶対出来ないことでした。
私も経験のないことをやったので、全滅だけは避けようとかなり慎重になりました。
みんなは光らないのでそれで大丈夫なのかと心配していました。
撮影後の画像を確認できるところが本当に重要でした。

5Dmk2を含めて最近のCMOSの性能はすごいですね。
もし6400が使えたら三脚は必要なかったですね。
実用では使ったことのない領域だったもので躊躇してしまいました。
一応12800と25600まで使用可能ではあるのですが、さすがにそのへんになるとかなり厳しいようです。

最近、まだ暗い早朝や夕方に出かけたり、森の中や風景などを思い切り絞り込んで撮ってみたいということがあってよく三脚を持って出かけます。
私の場合はどうしてもそういうものが対象になってしまいます。
今はなかなか出かけられません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。