北海道の野の花

今日、ある人の絵の個展に行った。
その後食事に行くことにしたが、時間があったので久々に書店に行った。
直に本を手にとって見るのは本当に久しぶりだった。
考えてみると最近はネットでしか本を買っていなかったのだ。
ガーデニングのコーナーに行ってみたが思ったとおりあまり興味を引くものはなかった。
次にカメラ雑誌、思わず買おうと思ったが思いとどまった。
荷物になるしこの辺のところはいつでも買える。

そうだ、と思って北海道のコーナーへ行ってみた。
北海道の作家、歴史などの本に混じって植物の本もいくつかあった。
その中に「北海道の野の花」というかなり分厚い本があった。
中身を覗いてみてすごいとすぐ分かった。
よくある野草の他にも外来種や雑草と言われる類のものもほぼ完璧に出ている。
日常目にしながら今も分からない名前の草がまだたくさんある。
分かりにくいイネ科の植物だけでも43種類、アカバナだけでも6種類も出ている。
ほぼ完璧に網羅しているように感じた。
手にとった本を持ってそのままレジに直行してしまった。
これで名前のわからない雑草を覚えよう。
ただ、説明はちょっと簡素すぎるかな。
1007北海道の野の花
表紙のハナシノブだけで3種類ある。

1007クサフジ01
野草と言うことで風のガーデンにあったクサフジ。

1007ガマ01
こちらはIさん宅に行ったときの川原にあったガマ。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。