雨の名前

日本では自然現象に関わる雨や風、雲などに名前をつける。
雨だけでも降る時期や降り方やその情景によっていろんな名前がついている。
雨の名前には、お馴染みの「にわか雨」「大雨」「豪雨」「夕立」など全部で数百の名前があるそうだ。
次はよそのサイトからそっくりコピー。(ごめんなさい)

地雨(じあめ)…しとしと降り続く雨
霧雨…無数の細かな雨粒が、ゆっくりと落ちてくる
翠雨(すいう)…青葉に降りかかる雨
緑雨(りょくう)…新緑のころ降る雨
甘雨(かんう)…草や木をうるおす雨
麦雨(ばくう)…麦の熟するころ降る雨
瑞雨(ずいう)…穀物の成長を助ける雨
菜種梅雨(なたねづゆ)=春雨(はるさめ)=春の長雨=春霖(しゅんりん)
   3月から4月の、菜の花が咲くころ降る雨
走り梅雨=梅雨の走り=前梅雨=迎え梅雨
   5月中旬から下旬の、梅雨を思わせるような雨
五月雨(さみだれ)…旧暦5月(今の6月)に降る雨。さつきの水だれの意味
   このころの雲は、五月雲(さつきぐも)
   この雲によって暗くなるのは、五月闇み(さつきやみ)
梅雨(ばいう)…梅の実が熟すころに降る雨
   黴(かび)をはやす雨の「黴雨(ばいう)」という説もある
梅雨(つゆ)…江戸時代前期にまとめられた『日本歳時記(にほんさいじき)』
   に「これをツユと名づく」とある
   江戸時代から「ばいう」が「つゆ」と呼ばれるようになった
   ツユの語源はお汁(つゆ)や露(つゆ)。湿気でくさる意味の「ついゆ」など
栗花落(ついり)=墜栗花(ついり)=梅入り
   梅雨に入ること。このころ栗の花が咲き散る
青梅雨(あおつゆ)…青葉に降りそそぐ梅雨
梅雨の中休み…梅雨の最中に、一時的に晴天が続くこと
空梅雨(からつゆ)…梅雨の時期なのに、ほとんど雨が降らないこと
送り梅雨…梅雨が明けるころの雨
戻り梅雨=返り梅雨…梅雨が明けたと思っても、またぶり返して降ること

これは春から梅雨までの間に降る雨の名前だそうだ。
「梅雨」だけでもいろんなのがあることが分かる。
他にも「荒梅雨」や「暴れ梅雨」、「男梅雨(おとこづゆ)」「女梅雨(おんなづゆ)」
そして「蝦夷梅雨」がある。
さてこれから秋にかけてはどんな雨が降るのかな。

昨日は一日中降った雨も今日は晴れた。
今日の最高気温は26.9℃、すがすがしいからっとした晴れ方だった。
仕事帰りに空を見ると秋のようなうろこ雲が出ていた。

写真は昨日の続きのオニユリ。
1008雨とオニユリ07
雨が上がって日が差してきた。

1008雨とオニユリ09
雫の中に太陽が。

1008雨とオニユリ10
宝石のようだね。

1008雨とオニユリ08
宝石たくさん。
売りに行こうか(笑)

EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。