青池で激写

次に行ったのは前田真三氏の写真展示がある拓真館。
ここも内部を写真に撮るわけにはいかないので紹介はなし。
昔見た時に比べて少し残念だったこともある。
そして美瑛の丘を眺めながら青池に向かうことにした。

1008美瑛01
遮るものがない風景は気持ちがいい。
本当に恵まれた土地にいるなという気がする。

1008美瑛02
美瑛にはこんな風景がざらにある。

青池はその存在を知ってはいたがなかなか行く機会がなかったところだ。
近年になってプロの写真が撮影に訪れるなど、その存在がクローズアップされてきた。
場所が分かるか心配したが、難なく見つけることが出来た。
ものすごい人が押し寄せていたのだ。
車を止めるところを探すのも大変なほどだった。
人の行列は人気イベントに向かう人の行列のようだった。
1008青沼06
よく見る青池の写真のようには青く写らなかった。
PLフィルターを使ったせいかな。
でも見た目もどちらかというとエメラルドグリーンに近かったと思う。
季節によって色が違うのかもしれない。

1008青沼02
青池は1988年の十勝岳噴火に伴い泥流を防ぐために作られた砂防ダムによって生まれた人工池だ。
そこに温泉成分にアルミニウムが混じってこの色になったと言われている。
元々あった木が枯れてこの光景が生まれた。

1008青沼03
こちらは脇を流れる美瑛川。
川の水自体が青い。
この先にも砂防ダムがある。

実はこの青池でかなりの写真を撮った。
なんとか美しい色を出そうと思ったのだ。
深い色を出そうとPLフィルターを使ったことが青さを減らしたかもしれない。
本当はもっと深みのある青が出るかと思ったのだけれどね。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM(美瑛風景)
EF70-300mm F4-5.6 IS USM(青池)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。