柿の話

先日、スーパーへ買い物に出かけたら、果物のコーナーに柿が出ていた。
私は柿が出回るこの時期が来ると秋だな~と思う。
北海道で売られている柿のほとんどは昔から庄内柿だ。
種はなく、やわらかくて甘くてジューシーなのが特徴だ。
北海道人は柿と言えばこの庄内柿を思い浮かべる。
というか私はこの柿しか知らなかった。
庄内柿とは通称名で品種名は平核無柿(ひらたねなしがき)というのだそうだ。
新潟ではおけさ柿と呼ばれている。

高校を出て東京に行ったとき果物屋で柿を買った。
見た目は庄内柿とほとんど変わらないもので買って帰ると食べてみた。
それは甘みはあるが非常に硬く、齧るとパリンと音がするほどだ。種もある。
あれ、まだ早かったのかなと思い、他の柿はしばらく室内で熟成させることにした。
しかし、1週間たっても2週間たってもその柿は柔らかくならなかった。
いや、やや柔らかくはなったがそれは庄内柿の柔らかさとは全く違っていた。
初めてここでこの柿は北海道で食べていたものとは違うと気がついた。
今思えばそれは次郎柿だったのだろう。
後で知ったことだが柿はそもそも硬いものだったのだ。
庄内柿の方が柿としては異色な存在だったのだ。

柿の種類は江戸の末期で200種類、現在では1000種類もあるそうだ。
柿を大きくふたつに分けると甘柿と渋柿になる。
庄内柿はもともとは渋柿だそうだ。
アルコールで渋抜きをして甘くなっている。
生食用の生産のほとんどを占める次郎柿や富有柿は完全甘柿といって最初から甘い柿なのだそうだ。

何年前からだろうか相方の姉がいる岐阜から富有柿が送られてくる。
大きくて甘くておいしいがやはり硬い。
かなり置いて熟成させるとやや柔らかくなるが、庄内柿とは甘さも食感も全く違う。
考えてみれば庄内柿を基準にしているのだからそれ以上のものが出てくるわけはない。
硬い柿を普通と思っている人は歯ごたえのない庄内柿を食べてどう感じるのだろうか。
ちょっと聞いてみたい。

1010夜明けの月01
写真は話とは全く関係のない夜明けの月。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

@@びっくり。
丁度柿のことを調べていました。
というのは、うちの熟した渋柿がものすごく甘いのです。
義父がきっと病気に違いないというのでちょっと調べたら渋柿は熟すと甘くなるのですね。
渋柿はずっと渋いままと思いこんで食べてみもしなかったということでしょうか。

まあ、うちには無駄に8本も柿が植わっているので^^;
あえて渋柿を食べる必要もなかったのかもしれません。
焼酎につけて渋抜きをしてから食べていたようです。

硬い柿、柔らかい柿、どちらもうちのほうでは食べます。
私は硬い方が好きですが、とろっと柔らかいのが好きな人も多いようです。

柿の話にのります

こんにちは。数年前に父祖の地である岐阜に墓参りに行きました。
5代も前の祖先ですがね。寄せていただいた遠戚のお宅で頂いた干し柿の味に感激して数年渋柿を取り寄せて干し柿を作っています。周りにそんなもの好きはいませんので天日干しにしてもカラスもいたずらに来ませんね。
やはり岐阜の友人から富有柿を毎年贈ってきますが最初はやはり
数個プヨプヨになるまで置いて食しましたが今でも笑い話です。
富有柿はやはり固いまま食べるものです(笑)
柿のほとんどは渋柿らしいですがわざわざ運賃を払ってまで取り寄せている身から見るとあんなおいしいものをほおっておくのはなんともったいないと・・(笑)

あっちゃん
へえ〜、渋柿は熟すと甘くなるのですか。
ネットを見ていて知りましたが、渋の抜き方もいろいろあるんですね。
25度くらいの温度でじわじわ乾かすと渋が抜けるそうですね。
あっちゃんの渋柿は木の上でそんなふうになったのかもしれないですね。

あっちゃんの家には8本も柿木があるのですか、すごいですね。
北海道に柿の木はありません。
昔、修学旅行に行って、普通の家の庭に柿の木があるのを見てみんなで柿がなってる〜!と感激したものです。

algonさん、こんばんは。
ひょっとしてはじめまして・・・かな?

algonさんもやわらかい柿で育ったのですね。
それで干し柿をつくっているのですか。
うまくいくものなのですか?

うちに送られてくる富有柿は最初は硬いので薄めに切って食べますね。
切り方でいろんな食感を楽しめることが分かりました。
そのうち柔らかくなってくるので少し大きめに切って食べています。
大きな種が入っているのも楽しいですね。

北見在住です。風のガーデンのカレンダーをいただきました。
アイヌ神謡集の青空文庫を教えてあげました。思い出しましたか?
干し柿はネットに出ているのでその通りに作りました。絶品です(笑)
売り物はもう食えません。雨にぬらさないで2週間天日干しができる
環境があればできます。
いまは20kgほど買って子供たちも喜んでもらってくれます。
お試しあれ!

そうでしたね、思い出しました。
その節はお世話になりました。
干し柿は食べごろで食べられるのがいいのでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。