神居古潭(カムイコタン)

先週あたりから神居古潭へ写真を撮りに行こうと思っていた。
すると昨日、王子が神居古潭に行ったらしい。
先を越されてしまった。がっかり。
今日になってとてもいい天気。
やっぱり神居古潭に行こう!

カムイコタンとはイヌ語でカムイ(神)+コタン(村、居住地)のことで「神の住む場所」という意味だ。
どんな場所かというと、石狩川が旭川付近で3本の川と合流して大きな流れとなるが、この場所で山に挟まれて渓谷を作っている。
川幅は狭まり流れは激しくなる。
昔は上川盆地に入るための難所だった。
道路も線路も大変な難工事で作られたと言われている。
私の今日の目的は紅葉もあったが出来れば激しい川の流れも撮ってみたいものだと思っていた。

1010カムイコタン01
神居古潭名物の吊橋。
この辺の川の流れは穏やかだ。

1010カムイコタン02
ここに展示してある蒸気機関車。
なぜここに蒸気機関車があるかというと、それはここが駅だったからだ。
王子と同じアングルで撮ってみた。

1010カムイコタン03
これが旧神居古潭駅の駅舎。

1010カムイコタン04
ここが駅だった証拠。

1010カムイコタン05
ここが元線路があったところ。
両脇はプラットホームだった。
現在はサイクリングロードとなっている。
旧駅舎は休憩所。
現在、列車は別のところを通っている。
この辺はきっとトンネルの中かな?

この辺は紅葉というより黄葉が多いようだ。
明日も神居古潭。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。