NEX-3のおもしろ機能

最近のカメラはデジタルならではの機能満載だ。
動画が取れるのは当たり前、勝手に濃度の調整をしたり、高感度時に出るノイズを取ったりと様々な機能がある。
最近よくあるのが顔検出とか、笑顔になるとシャッターが切れるスマイルシャッターなどだ。
NEX-3も今書いたすべての機能を持ち合わせている。

NEX-3(NEX-5)に特徴的な機能の中にDROとオートHDRがある。
どちらも白飛び黒つぶれを防ぐための機能だ。
DRO(Dレンジオプティマイザー)は一枚の写真からその濃度やコントラストを勝手に調整する機能だ。
一方、HDR(ハイダイナミックレンジ合成)は濃度の違った3枚の写真からそれぞれ適正な濃度部分だけを合成する機能だ。
したがって撮影時は濃度違いの3連写のブラケット撮影となる。
明るいところと暗いところが混在しているときなどに有効な撮影だ。
夜の町並みなどで威力を発揮するが、風合い的に面白い画像が得られるのでそれを目的にすることも多い。
この機能でいくつか撮影したがいいサンプルが撮れなかったのでこちらでも見たいただこう。
原理的にはphotoshop CS2などの写真用ソフトで行うHDRと同じものだが出来栄えがやや違うようだ。
参考のためにこちらを見ていただこう。
こちらはもうひと手間かかっているような気もする。
NEXも、もうちょっとテストしてみなければ分からない部分もある。

元々明暗が少ない写真なのでサンプルとしては不適格だが参考のために。
1012HDR01
HDRなし

1012HDR02
HDRあり
若干、コントラストなどを再調整してある。
HDRは普通のデジタル一眼でもこの機能を持ったものが出てきている。
今年発売されたiPhone 4でもできるそうだ。
いずれデジカメ機能としては当たり前になるのかもしれない。

もうひとつ面白い機能がスイングパノラマだ。
横にカメラをパーンしながら連写して横長の一枚に合成する機能だ。
これはかなり面白い。
横長のパノラマ写真があっという間に出来でしまう。
いったい何連写しているのだろうか?30連写くらいかな?
というわけで土曜日の仕事帰りに撮った一枚。
縮小してあるので写真をクリックしてくだされ。
1012パノラマ01
これもいいサンプルじゃないな~。

しばらくは遊べそうだ。
しかし実際、実用に足る機能はいったいどれくらいだろうか。

NEX-3
E18-55mm F3.5-5.6
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おもしろいですね。
パノラマなんて北海道の景色を撮るにはうってつけではありませんか?
これからの作品、楽しみにしていますね^^

そうなんです。
十勝連峰を撮るにはうってつけですね。
http://potato50.blog93.fc2.com/blog-entry-651.html
美瑛の丘を撮るのもいいですね。
機会があればやってみますね。

patatoさん、こんばんは。

バラや小さな花しか写さないのですが、
感じとして花が綺麗に撮れそうですか???
花をアップで写して良さそうですか???
私は色んな機能・・・・・使わなそうです。
写真の色は好きみたいです。

写真のアップ楽しみにしています。

花の撮影はまだ出来ていないのです。
今度、ホームセンターの植物コーナーか、花屋さんへ行って撮影してみようとは思うのですが。
昼の光で撮るとなると土曜か日曜日まで待たなくてはなりません。
色合いは今のところ自然だと思われます。

potatoさん、こんばんは。

お忙しいのに我儘言って申し訳ありません。
嬉しいです〜〜〜

これで重いカメラを持ち歩かなくて済みそうです。
キット

手軽な一眼レフは他にもあるのですが、まずはこのNEXをしっかり調べますね。
もうしばらくお待ちください。
ちなみにこのNEXは専用レンズにマクロはありません。
そういえばtokiさんはあまりマクロ撮影しませものね。

マウントアダプターをつけるとソニーのアルファレンズ、オリンパスやニコンのレンズが使えるようになります。
そうなると重くなっちゃいますけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。