エーデルワイス

エーデルワイスが咲いています。
ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」でトラップ大佐が、ドイツに併合され消えゆくオーストリア想い、祖国の象徴であるエーデルワイスにその気持ちを託して歌う「エーデルワイスの歌」。そのエーデルワイスです。
"Edelweiss Edelwiess every morning you greet me"
"Small and white, clean and bright"
と表現されていますが、見てどうでしょう。
かなり愛の心で見ないとそのようには見えてこないかもしれません。白いと表現されていますが、見てわかるとおり白く突き出ているのはガクで中央の黄色いのが花です。
エーデルワイス01
これは数年前、王子から頼まれて種をまいたものです。
たしか種の袋はイタリア語だったような気がします。
元々はドイツ語のEdelweiB(エーデルヴァイス)、学名はLeontopodium alpinum.
エーデルワイス02

寒さにはめっぽう強いのですが、暑さ多湿に弱いです。
旭川の暑さでも堪えるときがあるのか今年は少し縮小したかもしれません。
日本のウスユキソウはその仲間です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。