ネットでものを買う

ここ数年、ネットでものを買うことが多くなった。
まずはネットから情報を得ることが多くなったということだろう。
店頭なら目的のものを手にとってみられるという利点があるが、それを探し出すまでにはかなりの時間を要す。
それが、ネットならマウスでぽちっとクリックするだけで自宅に届いてしまうのだから簡単だ。

ガーデニングで使う肥料などの資材は、ホームセンターで見ても何の情報も入らないが、ネットではその評判なども確認できる。
物にもよるが値段の安いものを探せることも多い。
当然店頭にないものを見つけることも出来る。
私としては満足度の高いものを手に入れることができていると思う。
バラは9割以上がネットによる購入だ。

でも一番多いのが本かな。パソコンもここ5台は相方の分も含めてネットで買っている。
カメラは保証の問題もあるので決まったカメラ店で買うことにしているが、レンズはネットで買うことが多い。
NEX-3も最初は店頭で買おうと思ったが取り寄せになる上に1週間以上かかるという話を聞いて、急遽ネットで買うことにした。
他に腰の調子が悪くなって買った低反発マットレス、ダイヤモンドシャープナー、包丁、毛玉とりのはてまでいろいろだ。
500円のものを取り寄せたこともある。

意外とやっていないのは全国各地ののうまいものの取り寄せだろうか。
どうしてだろうか?相方が興味を示さないからかな。
ネットが増えた分、店に行く機会はずいぶん減った。
見て回る楽しさというものもあるのだろうが、最近はそれも面倒になってきた。
ある意味ネット情報に毒されているといってもいいのかもしれない。

そこで問題になるのが支払い。
買うのが簡単なだけに買いすぎるという怖い一面もある。
私の場合、ほとんどの場合はカード払いだが、分割では払わないようにしている。
リボ払いなんて当然ありえない。
ネットに限らず、分割払いの金利を払うほど我が家は裕福ではないからだ。
もし金利が生じる分割で払わなければいけないとしたら買わないというのが我が家のモットーだ。
仮にそれが家でも車でもこの原則は崩したことはない。
これが私が楽しくカード生活するうえでの秘訣になっている。

1102_2月の空
2月の空。
午後4時半、久々の青空と夕暮れ。

NEX-3
E18-55mm F3.5-5.6
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。