今年は変

今年は雨が少ない話をしましたが、今年は他にもまだ変なことがあります。
アメリカではミツバチが大量に行方不明になっているそうですが、今年のわが庭でも蜂の数が異常に少ないです。
普通ならバーバスカムやラベンダーの花には群がるように蜂が寄ってくるのですが、今年は一匹か二匹飛んでいるだけの状況が続いています。
どうしちゃったのでしょう。
バーバスカム01
バーバスカム

実は蝶や蛾も少ないです。つまり、植物の食害が異常に少ないのです。
これはうれしいことなのですが、何か奇妙な気分です。
ひょっとして6月末から低温なのが影響しているのかもしれません。
らべンダー01
ラベンダー

まだあります。
うどん粉病はそこそこ出現していますが、黒点病がほとんど出ていません。
毎年、完膚なきまでにやられるつるバラのアメリカは2点、3点見つけた段階で枝を切り取ったところ、その後は現れていません。
これも毎年やられるバリエガタ・ディ・ボローニャはまったく発生していません。
これもうれしいことではありますが、何か奇妙です。
これも低温と雨が降らないことが原因かもしれませんね。
明日は雨が降るそうです。これで気温が上がったらどうなるのでしょう。
でも今年の気温はこのまま行くような予感がします。
久々、真夏日なしの年になるかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。