精悍

2008年に「オオカミの森」が出来てまだ一度も行っていなかった。
旭山動物園にはカナダから3匹のシンリンオオカミがやってきた。
そのうちの1匹は仲間同士の闘争で死んでしまったようだ。
現在いるのはケンとメリーの兄弟だけのようだ。
今回はこのオオカミを見るのが目的といっていいくらいだったのでじっくり見させてもらった。

オオカミってイヌの仲間だけれど根本的に何かが違うような気がする。
目つきも鋭いが動き回るときの体の切れや身のこなしがや美しくてカッコいいと感じた。
ゆっくり歩いてもイヌの動きとは違う凛々しさがあるようだ。
場内アナウンスの声(女性)に反応して遠吠えしてしまうところはイヌと似ていたかな。

1102オオカミ

北海道には元々エゾオオカミがいてエゾシカをエサとしてお互いの生態バランスをとっていた。
そこに北海道に入植した人たちは毛皮を取るためにエゾシカを乱獲した。
エサを失ったエゾオオカミたちは仕方なく家畜を襲った。
すると人間たちはオオカミを害獣として殺してしまった。
そしてついには絶滅してしまった。
エゾシカも一時は節滅の危機に瀕したが、これではいけないと保護をすることにした。
すると今度は増えすぎて、植林した若木を食い荒らしたり畑を食い荒らしたりして困っている。

最近はエゾシカが人里や道路などに現れるようになった。
私の同僚は去年、車で鹿と衝突してしまった。
エゾシカは大きいものだと100kg以上あるから大変だ。
車はフロントガラスが割れたり大きなダメージを受けた。
幸い同僚に怪我はなかった。気がつくと鹿はいなくなっていたそうだ。
大怪我してなければいいのだが。
自然環境のバランスを一度崩してしまうと元には戻らないといういい例だ。
オオカミにもシカにも罪はないのだ。

1102オオカミ02
黒いのがケン♂で白いのがメリー♀
*白い方の名前は「マース」とのご指摘を受けました。
そのうちもう一度行ってもっとカッコいい写真を撮ってこよう。

EOS 5D Mark II
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

かっこいいですね。
鋭いまなざし。
檻がないところで出会ってしまったら、もう動けませんね。

この白い子はマースと言います

メリーちゃんは富山市サファリパークへお嫁入りしました
ケンそっくりの黒い子です

これからがオオカミの恋のシーズンという事で、楽しみです♪

あっちゃん
私ももっとオオカミはあまり綺麗でない動物かと思っていましたが違いましたね。
きれいだしかっこいいです。
迫力もありますよ。

初めまして さん
そうでしたか、教えていただいてありがとうございました。
いろいろ移動があったのですね。
他の人のサイトを見せていただいてましたがどういうことがあったのかよくわからないでいました。
こんどは2世誕生が楽しみですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。