さっぽろ雪まつり 2

そんなわけで、人ごみを避けまた朝日に照らされた雪像はどうだろうかということで早朝に出かけてみることにした。
朝6時半にホテルを出た。ようやく東の空が白み始めた頃だ。幸いに晴れのようだ。
大通りに向かう途中に時計台がある。

1102雪まつり04
早朝の時計台。
さすがに静かなたたずまいだ。

1102雪まつり05
大通りに到着。
東の空がやっと明るくなり始めた。

1102雪まつり06
大通り4丁目の最初の大雪像。
「観光王国宣言!北海道」ということでシマフクロウとキタキツネだろうか。
そしてシマフクロウの背後に旧道庁の赤レンガ、中央にはなぜか中国の紫禁城がデーンと鎮座している。
中国人観光客への気遣いと言うことだろうか。
STV(札幌テレビ)が中継の準備をしていた。

1102雪まつり07
昨日の雪の贈り物。
日中の日が照るとこの雪も落ちてしまう。

1102雪まつり08
HBC(北海道テレビ)の北京広場にある「天壇 祈年殿」
なかなか細密なところまでよくできた雪像だ。

1102雪まつり09
ご存知サザエさん一家。
これも良く出来ている。
もともと平面に書かれた漫画なので立体化するのに苦労したらしい。
大雪像だけは雪が払われていた。

1102雪まつり10
本当は市民雪像や国際雪像コンクールの雪像も紹介したいところなのだがこんな様子なので・・・

早朝に来たのはよかったが、小さな雪像の雪が払われていなかったのが少し残念。
初めて雪まつりに来たけれど規模的にはこの程度のものだったのかという感じだ。
何年か前から自衛隊の縮小に伴い会場も小さくなり雪像の数も減ったのだろう。
意外やあっさりと見終わってしまった。
一度ホテルに帰って再度出てくることにした。
すすきの方面で氷の彫刻を見学することにする。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。