流氷の海

朝、早速紋別のガリンコ号の乗り場に行ってみる。
私「今日、船は出ますか?」
受付嬢「出ますよ、でも流氷は見れません」
げげ、やっぱりそうか・・・それじゃ網走へ行こう!
今朝、ホテルのパソコンで流氷情報を見ておいたのだ。
少なくとも昨日までは流氷は網走にいたのだ。
一路116kmの道のりを網走へ。
うまくいけば11時の船に乗れるかもしれない。

約一時間半後に網走到着。
港に行ってみると海に白いものが浮かんでいた。
船の乗り場に行ってみるとすでに大勢の人が並んでいた。
1103流氷04
流氷は最近まで接岸していたらしいがすでに岸から離れてしまった。

1103かもめ01
船の名は「オーロラ号」
割と大きな船だ300人以上乗れるらしい。
カモメが船の速度に合わせて一緒に飛んでいる。
そしてなにやら話しかけてくる。
残念ながらカモメ語は理解できない。

1103流氷02
少し行くと蓮の葉状の氷がぷかぷかと。

1103流氷03
次第に氷は厚くなる。
遠くには知床連山が。

1103オーロラ2号
我々の後に出航した「オーロラ2号」

そんなわけで1時間の流氷観光を楽しんできた。
船では例によって団体で中国語が飛び交っていた。
そういえば案内表示も中国語つきだったな。
いまや中国なしで北海道の観光は成り立たないのか。

できればオオワシが見たかったな。
オジロワシらしきのが高いところをすうっと通り過ぎていった。

EOS 5D Mark II
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。

流氷、もうなくなる季節なんですね。
これはやっぱりデッキに出て見るのでしょうね?
ちょっと勇気がいりそうです。

中国語、近所の大型ショッピングモールでも流れ続けています。
日本語のアナウンスより多いようです。
大事なお客さんなのでしょうね。

流氷は3月中ころにはいなくなるようです。
見学は船の中からも出来ますよ。
でもやっぱりデッキが一番ですね。
あまり寒くはありませんでしたよ。
観光地はどこも中国人でいっぱいです。
ピーチクパーチクうるさいですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。