不条理

目の前から、今まで自分がこつこつ積み上げてきたすべてのものが流れてゆく様を見ている気持ちはどうなのだろうか。
それだけではない、生まれ育った町もその景色も流れてしまったのだ。
自分以外の家族を失った人もいる。
津波の恐ろしさをまざまざと見せつけられた。

そして今日は福島原発で爆発があり緊張感を一段と高めた。
今になってようやく最悪の事態ではないことが分かったがまだ予断を許さない状況であることに変わりはない。
東京では電力不足から「輪番停電」の実施を発表した。
確か新潟の中越地震のときも柏崎刈羽原子力発電所が停止して電力不足となったはず。
大きな危機にならないように電力の供給先を分散しているのだろうが、大都市であるが故の危弱性も垣間見える。

話しは変わるが、今朝、家の電話をかけようとしたら全く通じない。
NTTからケーブルテレビの電話に切り替えたのが悪かったのか。
携帯をかけようとすると今度は込み合ってつながらない。
そこで、ケーブルテレビからのメールをチェックしてみたところ東北の海底ケーブルが切れて電話がつながらない状況になっているとのこと。
よくよく調べてみるとNTTも同じ状況のようだった。

文明の利器ばかりに頼っているとこんなとき不便な思いをするということだ。
ふと「不条理」という言葉を思い出す。
もし自分にあんな災難が降りかかったとしたら・・・
それは運命として受け入れるしかないだろうが、どんな暮らしぶりをしていたらひどく辛い思いをしなくて済むのか。
富めるものは失うものも大きい。
それならば物欲や便利な生活を捨て田舎で自給自足をするか。
不幸になりたくなければ幸福になりすぎるなということか?

人の暮らしに最低限必要なものは何かを考え直すことが必要かもしれないということだ。
そんな警告としてこの事態を受け止めることにするか。

1103カモメ談義
カモメの談義。
俺たちが一番幸福なのさ。
携帯なんていらないし・・・

EOS 5D Mark II
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自然には たちうちできない。
頭ではわかっていても こう現実を目の前にすると
恐ろしさに言葉が見つからないです。
台風や大雨の時に いつも思いますが 今回は甚大すぎて。。

便利は不便 だなと感じることが多々あります。
今電気が止まったら あらゆることで生活が一変しますものね。
原発の問題は 一言ではいえないけど
それに支えられて 今の生活があるのも現実で。。

地方空港の存在について いつもいろいろな意見がでます。
私も 大半が必要ではないと思っていた人間です。
でも 今回の地震で 被災地から出先にいた人たちが いろいろ乗り継いででも 山形や青森福島等のできるだけ近い空港から 車等で何とかして被災地入りしている人たちもいるのを知り また考えが複雑になりました。

物資だって そういう空港を使ってくるものもあるでしょうから・・・。

携帯も繋がるようになれば 仙台の姉と情報をやり取りできて 携帯の存在に感謝しているのです。

ほんと 難しいです。。

救助を待っている人たちに 早く救助がいきますように。
物資を待っている人たちに 早く物資が届きますように。
祈ることしかできません。


ごまきゅさん
自然の力は強大で太刀打ちできないことが分かっていても、明日自分の身に降りかかるとは考えないものです。
今は祈るしかないですね。
そして、小さくても自分のできることをすることでしょうか。

便利なものは有難いものです。
しかし頼りすぎてはいけないのですね。
電話はケーブルが切れれば使用不能ですが、携帯は回線の混雑を解消さえ出来れば災害時にはもっと可能性があると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。