オムサロ原生花園

滝上町だけではもったいないと紋別まで足を伸ばしました。
目的地はオムサロ原生花園とコムケ原生花園です。
まずはオムサロです。
オムサロ01
紋別市から北へ15分ほど走ったところにあります。
花園というほど花が見えないのはどこも同じです。
しかし目を凝らして歩いて行けばいろんな植物があることがわかります。

オムサロ02
まずはなんといってもハマナスでしょう。
ここは小清水ほどびっしりという感じではありません。

オムサロ06
エゾノシシウドだと思います。
ウドとはいってもセリ科の植物です。
そういえばオオハナウドもウドでしたね。
茎の感じが独活に似ているせいでしょうね。
山菜で食べる独活はウコギ科です。

オムサロ04
これはハマエンドウ。
いかにもマメ科という花をしています。
つる性で砂地を這うようにつるを伸ばします。

オムサロ05
海を背景にハマナスの花を撮って見たいものだと常々思っていました。
かなり無理やりですが何とか実現。

いずれ「書を持て野に出よう」にアップしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。