楽しきかな、バスの旅

3日から5日まで、バスツアーで函館、松前、江差に行ってきた。
目的はもちろん桜だ。
最初は函館に宿を探したがどこも空いていなかった。
そこへ新聞のチラシで格安2泊3日の函館への桜ツアーを見つけた。

バスツアーなので多少の予定外やハプニングは予想していた。
まずは高速札幌JCTを過ぎた頃から渋滞が始まり1時間遅れで昼食の長万部町に着いた。
昼食後は海辺から見える駒ケ岳を眺めて、今度は国道5号線を南に下る。
最初の目的地は、函館に行く途中にある森町の青葉ヶ丘公園の桜まつり。
ところが長万部を出て隣町八雲町の手前から渋滞が始まった。

バスは運転手と男性の添乗員一人。
普通ならだんだん雰囲気が悪くなってくるところだが、、この添乗員、最初から渋滞は予測していたようで例年の状況と前日のツアー添乗員からの報告で今日の予測を立てる。
森町の桜はまだ咲いていないという情報なので通り抜けるだけにすることを提案する。
しかし、渋滞はまったく収まる気配もなく八雲町を通りぬけるだけに3時間もかかってしまった。
森町に着く頃には函館での五稜郭や函館公園の桜見学も怪しいくもいきだった。

結局、函館の町に入ったのは夜7時を過ぎた頃だった。
それで、今日の最終観光地、函館山に直行した。
滞在時間、なんと15分。
脱出が遅れるとホテルに着くのがさらに1時間、2時間伸びるとの添乗員氏の判断だった。
私としてはまだ明るいうちに登って暗くなるのを待ち、三脚でじっくり夜景撮影をしようと思っていたが、目算は外れた。

1105駒ケ岳01
長万部から見た駒ケ岳。
これから駒ケ岳の周囲を約半周するがそれぞれの場所で違った形に見えるのが面白い。

1105夜景01
山の上は人、人でごった返していて展望できる場所は3重に4重に人が重なり合っていて撮影のポジションが取れない。
三脚なんてとんでもないという感じだった。
それでも何とか数枚撮影できたが何とか見られるのは1、2枚だった。
お隣さんのケイタイが端っこに写っているのだがカットしている。
きれいな夜景撮影にはやはりちょっと暗すぎる。
町が青く見えるくらいがちょうどよいのだが。

幸運にも函館山はマイカー規制がはいっていて観光バスと観光タクシーのみが道路が使える状態になっていた。
おかげで、宿に着いたのは8時20分頃で到着時刻だけはほぼ予定通りとなった。
しかし、朝7時にバスに乗り食事タイムを差し引いても12時間ほどバスの乗っていたことになる。
結局、まったく桜を見ず1日目は終わった。
次の日は松前公園の桜へ出かける。
出発が8時なので早朝に五稜郭を見に行こうと計画を立てる。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。