五稜郭タワーから

まだまだ、つづく函館シリーズ。
松前から江差町の鰊御殿をめぐり、明るいうちに函館に戻ってきた。
それじゃあと早速、五稜郭タワーから下を眺めてみることにした。
できれば夜景も見られるかなという目論見だ。

1105五稜郭タワーから01
桜の開花状況が一目瞭然。
真ん中にでんと奉行所が見える。
見事な星型が、と言いたいがどうしても端っこが切れてしまう。
広角レンズのせいもあるが、実を言うとこれ以上広げても展望室の窓枠が写ってしまうのだ。

1105五稜郭タワーから02
真下を見てみると花見のシートが敷き詰められている。
でも、雨が降ったことと寒さで人影はわずかだ。

1105五稜郭タワーから03
さて、海の方角を見てみる、海につきでた突端が立待ち岬だ。
前日行ったが、風が強くて思わず「ひゅるり~、ひゅるりらら~♪」と歌ってしまった。
目を手前に移して、茶色の建物がわれわれが泊まった、ホテル グランティア。

1105五稜郭タワーから0304
山のほうを見ると雲間が赤く色づいてきている。
もう少しすると、この雲間がすばらしい夕景を見せてくれる。

昨日今日と雪が降りそうなくらいの寒さだ。
芽が動き始めた鉢バラがちょっと心配だ。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最初の日のレポート・・・
potatoさんの不幸をニコニコしながら読んでしまいました、
済みません。
夜景を三脚無しで綺麗に写されて、さすがです。

松前公園の桜は千島桜が可愛いな~~
五稜郭タワーからの夕景の写真は皆吸い込まれそう、
綺麗ですね~~
初日のコメントを読んでどうなる事かと思いましたが、
こんな素敵な景色が見れただけで、
バスツアーは大成功でしたね。

広角の写真は風景を写されると迫力が有ります。

>potatoさんの不幸をニコニコしながら読んでしまいました、
それがねらいで書いたのです。
喜んでくれてありがとうございました。
夜景は無理やり人を押しのけて三脚を立てました。
さすがに手持ちは無理です。
ソニーNEX-3だったら手持ちで撮れたかもしれませんね。
五稜郭タワーからの夕景は荘厳でした。
あれを見ただけでホント来てよかったと思いました。

立待岬は確かに歌います。
特に人気が無くなる真冬には大声でw

父が車のカセットデッキで聞いていたクラシックや都はるみ。
長期休暇には函館の祖父母のところに泊まっていましたから、
立待岬で都はるみは定番でした。

五稜郭のお堀では、子供的には本気で親子ボートレースやったり
(きれいに咲く桜には目もくれず・・・)
函館山は砲台跡とか子供心にぐっと来る場所もあるし
夜景だけじゃない魅力ある街だと思うのです。
でも、行く度に駅前が淋しくなっていく感じは残念・・・

azkingさん、こんにちは
私の場合はツアーですからね、こっそり歌いました。

五稜郭にボートありましたね。
私は早朝に行ったのでまだやってなかったかもしれませんね。
帰りの日に朝市に行きましたが、ほぼ全部が津波の被害を受けたそうで、一部建物を直しているところもありました。
でも、ほとんどが復活して営業していました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。