79歳にして

私の兄がやっているスナックで行ったミニコンサートに出演してきた。
中心になっているのは今年で79歳になるIさん(女性)である。
2年前に私の兄とジョイントコンサートをしたのをかわきりに、春秋と年2回のコンサートを行ってきた。
2回目以降はIさんと兄のほかに、毎回ゲスト出演者を加えて今回で5回目となる。
今回のゲストは出演者はフルート奏者のTさん、そして私である。
伴奏は兄のピアノのみ、ときにフルートが加わる。
お客の数は40人ほどのミニコンサートだが時間はまともに2時間である。

私はコンサートの末席を汚す程度だが主となるのはあくまでもIさんである。
声の若々しさもそうだが、そのバイタリティには驚かされる。
コンサートも人任せではなく自分で主体的に動いているところがすごい。
車を運転しワープロでプログラムを作り、ときに兄の店に12時過ぎまで居座っていたりする。
見事なスパンコールのステージ衣装も自分で作ってくる。歌はもちろん暗譜である。
ニコニコ笑いながらいろんな人を巻き込んでゆく。
私も見事に巻き込まれてしまった。

最近の私だが、合唱のステージではソロをするわけでもないのに妙にあがってしまう。
思うように行かず、やればやるほどストレスがたまるようで楽しくないことが多かった。
今回のコンサートは和やかな雰囲気のためか、いくらかリラックスできた。
合わせの練習は3回だけだったが、本番はちゃんと合わせてくるところがみなさすがだ。
楽しかったが次回は客席に戻りたい。

1105セイヨウオキナグサ01
セイヨウオキナグサ

EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。