緑の庭

満開に花が咲く庭ももちろんいいが、私はどちらかというと花が咲く直前の庭が好きだ。
バラの葉は輝き、そして蕾が少しだけ色づき始める。
これから咲くぞ~、というエネルギーに満ち溢れている。
そんな庭を眺めているだけでわくわくしてくる。

1106庭01
庭の中から。
まだ咲いているバラはほとんどない。

1106庭02
道路側から。
右上で高くツルを伸ばしているのはロサ・カニナだ。

1106庭03
庭への入り口。
レッドネリーだけが赤く色を添えている。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

potatoさん、こんばんは。

緑のお庭ですね~~~ワクワクしますね。
蕾が一杯付いているんでしょうね。

一番下の写真で右隅の紫の葉の植物はバラ?
紅葉の前で育っているにはグラウカですか?

potatoさん

potatoさん、こんばんは。

わかります。
私も咲く前の庭のエネルギーに満ちた時間が好きです。
咲いてしまうと終わりに向かってまっしぐらですもんね。

わくわくする写真ですね^^

tokiさん
そうです、どのバラも蕾がいっぱいです。
わくわくしますね。
そう一番下の写真のバラはグラウカです。
最初は実生の10cmもないような苗だったのです。
満開になると見事ですよ。

あっちゃん
そうですね、今が一番わくわくする時期です。
花も咲き始めはいいですが終わり頃になるとむしろきたない感じになりますものね。
その後は花も乱れますし病気も出てきててんやわんやです。
みんなそうなんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。