ルゴサ四態

だんだんルゴサが咲き始めてきた。
最近は写真を撮るのもかっこよく美しく撮ろうと思いそうしてきたが、いざ咲き始めたバラを目の前に知ると、以前の図鑑的撮り方に戻ってしまう。
アングルは斜め上からの手前のオシベにピントを合わせる。
思い切り寄れるわけでもなく、かといって引いて背景の美しさを意識も出来ずに撮ってしまう。
なかなかそのバラの風情を引き出せないのがまだ腕の未熟なところか。

1106アグネス03
アグネス(HRg)
これ地植えのじゃなくて一昨年挿し木したやつが咲いたものだ。
このバラは鉢植えの方が綺麗に咲くみたいだ。
現在地植えしてあるのも鉢植えのときの方が綺麗に咲いていたと思う。
地植えしたとたんに木だけが大きくなってちっとも咲かなくなった。

1106サラバンフリート01
サラ・バンフリート
このバラも木ばかり大きくなる。
枝は剛直で180cmくらいにまでまっすぐ伸びる。
枝の太さの割には小さめな花をたくさんつけるがHTのように枝が硬くてしならないので風情に乏しい。
これも鉢植えの方が風情が出そうな気がする。

1106フラウダグマーハストラップ03
フラウ・ダグマー・ハストラップ
これは今でも鉢植えにしているが、地植えにしているのを見てもそれほど大きくはならない。
繰り返し咲いてくれるおりこうさんだ。

1106ハンザ01
ハンザ
これは木も大きくなれば花も大きい。
今のところ鉢で巨大化を防いでいるは本来なら地面に植えてやりたいバラだ。
香りもすばらしいが実の美しさも必見だ。

EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Kenko TELEPLUS PRO300 1.4X DGX
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

potatoさん、こんばんは。

咲き始めましたね~~~~
ハンザは実も香りも良いですか、育てているので楽しみです。
フラウ・タグマー・ハストラップは花弁の縁が濃いめなんですね。
育てているのに気がつかなかたです。シベの色も淡くて綺麗。

鉢栽培で何年も過ごして庭が持てたとき、大きく育てれば花が綺麗に咲くと思って皆大きく育てました。
でも・・・・鉢の方が綺麗だった花が多かったと思うオールドが何本か有りました。
バラによってそんなことが有るんですね。

tokiさん
毎日、新しいバラが咲いてとても幸せな気分です。
朝庭に出るのが一番楽しい季節ですね。
フラウ・ダグマー・ハストラップの花は言われてみればそうですね。
ただのピンクとはどこか違うとは思ってましたが。

地植えのアグネスは私の育て方がまずいのかもしれませんね。
挿し木苗も着いたので、花が咲かない地植えは掘り起こそうと思っていたら今年はたくさんの蕾をつけました。
どうやら私の気持ちを察したようです。
ちょっと掘れなくなってしまいました(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。