おしい、29.3℃

今日も5時半から裏庭の通路の草取り。
通路なので鍬で削り取る。
元々雑草園のようなところなので通路が草だらけになると、ただの草地のようになってしまう。
通路が綺麗になるだけで庭に秩序が生まれたように見えるから不思議だ。

今日は最高気温が30℃になるという予報だ。
普通なら迷わず鉢に水遣りをするのだが、昨日10時すぎに水をかけたのでほとんど乾いていない。
どうしようか迷ったが、そのまま出かけることにした。
水枯れが起きるかもしれないという不安があった。
昼に一度見にこようかとも思ったがそのまま夕方へ。

今日の最高気温は29.3℃、おしくも真夏日にはわずかに及ばなかった。
それが幸いしたのか、鉢は乾いてはいたが水枯れ状態のものはひとつもなかった。
欲を言えば晴れの27~8℃で推移してほしいものだ。

今日も新顔が咲いた。
1106バベルバビロン01
バベルバビロン
フルテミア・ペルシカの特徴を持つバビロンシリーズのひとつ。
ハイブリッド・フルテミアも意外と早咲きなのがわかった。

このバビロンシリーズ、花は確かにフルテミアの特徴を残しているが、ハークネスなどが手がけたフルテミアのハイブリッドとは明らかに違う。
従来のものがひょろっと細い枝ぶりと細長い葉が特徴だったが、バビロンシリーズは枝も太く葉も幅広でモダンローズの葉っぱだ。
また、従来のフルテミアが暑さや湿気に弱いのに比べ、強健で勢いもよくほとんど病気知らずなのがすごい。
花意外は同系統のバラとは思えないほどだ。

1106ペルシャンイエロー01
ペルシャンイエロー(Rosa foetida persiana)
なかなか形が整わないバラだ。
新しいシュートが出にくいのがその原因だ。
逆に株が太くならないので鉢植えでずっと間に合っている。
今年は久々にたくさんの蕾がついた。

1106スブニールドフィレモンコシェ01
スヴニール・ドゥ・フィレモン・コシェ
去年届いて2年目のルゴサだ。
葉っぱはまさにルゴサだが花はオールドローズの雰囲気がある。
草取りしている間にすっかり開ききってしまった。

明日はたっぷりと水をあげよう。
でも、暑いのは今日だけで明日から金曜日までは雨の予報だ。

EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Kenko TELEPLUS PRO300 1.4X DGX
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。