びっくりレダ

レダの木にこんな花が咲いた。
ちょっとびっくりしている。
レダといえば白い花びらに赤い縁取りが特徴のバラだ。
それがすべてピンクのレダ誕生だ。
いったい何が起きたのだろうか?
一種の枝変わりと考えていいのだろうか。
もしそうなら、この枝を育てたら新品種の誕生だが・・・この花じゃ何のインパクトもないなあと思う。
やっぱりオリジナルのレダのほうが魅力的だろう。
他の花もこんなでないことを祈る。

1106レダ01
驚きの花色。

1106レダ02
2009年のレダ。
これがオリジナルだ。
この木に上のピンクの花が咲いたわけだ。

今日の最高気温は15.8℃。
21日、29.3℃の暑さから22日は26.1℃、そして昨日は一気に17.8℃に急降下。
雨はやんだものの、今日は15.8℃。
ずっと温かい日が続いてきたので、このまま夏が始まると思っていた。
でも、やっぱり北海道だなあと妙に感嘆している。
今晩はストーブをつけようかちょっと迷っている。

バラは今朝までの雨と寒さでぐったりとしていた。
せっかく咲くはじめた勢いは小休止のようだ。
今日咲いたバラもまばらだ。

EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Kenko TELEPLUS PRO300 1.4X DGX
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

寒い!!

potatoさん、ご無沙汰しています。

写真を見ていると、やっぱり旭川は少し暖かいようですね?
北見は6月に入ってから、スコールの様な雨と大粒の雹、連日の雨で蕾は落ち、枝は折れ散々です。
おまけに寒い。
昨日の最低気温10度でした。

趣味の園芸程度じゃ仕方ないで済むけど、農家の方の事を考えると心配になったりもします。

さてさて、レダですが、ピンク・レダと言う品種名で出回っているものもある様なので、気象条件等で変化しやすいのかも知れませんね?
我が家のレダも昨年はピンクでしたが、今年はまだ開花していないので何とも言えず…。

shihoさん、こんばんは
寒いですね。
雹のニュース見ましたよ。
たまねぎ農家が出ていましたが、今年の生産を断念するといってました。
旭川は今回寒くなる前は比較的暖かかったので順調に開花しました。
ほぼ例年並だと思います。

ピンク・レダなんてあるのですね。
ネットで見るとうちのピンクとほぼ同じですね。
レダは枝変わりしやすい性質があるのでしょうかね。
他の花にも注目してみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。