オオタカネじゃない!

一昨年、日○花○ガーデンセンターから取り寄せたオオタカネバラが今年で2年目になった。
大きくなったらもう少しオオタカネに近づくのかと思ったら、だんだん遠くなってゆく。
「バラ花譜」などでオオタカネバラの特徴を読んでみる。
このほっそりとした葉っぱ、幅の狭い托葉、産毛の生えた萼筒。
どれをとってもオオタカネバラの特徴と反対なのだ。
去年、無精ひげのある丸い実ができたときから疑いを持ってきた。
丸みのある実のオオタカネがないわけではないが他のすべても違いすぎる。
残念ながらここで結論を出さざる得えない。
このバラはオオタカネバラではない!

そうすると、この子は誰?ということになる。
一応、このバラを「謎のバラ」と呼ぼう。
見たところ托葉の特徴などからしてキンナモメアである可能性が高い。
本などで似たものを探していくとやはり日本のバラだろうという結論になった。
そうなると候補は一気に狭くなる。
ルゴサはありえないので候補はタカネイバラ、カラフトイバラ、ヤマハマナシということになる。
今のところこの三つを見分けるのは難しい。
特にカラフトイバラとヤマハマナシは同一としている説が多く、別種としてのヤマハマナシがあまり認知されていないこともあって情報はほとんどない。
つまりヤマハマナシの情報自体がなかなか信用できないのだ。

個人的希望からすると、ヤマハマナシであった方がうれしいが恐らくは違うであろう。
このタカネイバラもカラフトイバラも個体差があってなかなか比較が難しいのだ。
調べてゆくとのんのんさんのブログでタカネイバラの萼や萼筒に繊毛のあるものがあることが分かった。
そうかと思うとこんどは刺のあるカラフトイバラの実が見つかった。
やれやれだ。

1107謎のバラ01
萼筒や萼にびっしり繊毛らしきものがある。

1107謎のバラ02
オオタカネの托葉はもっと幅広いはず。

さて、さらに大きくなった時またどう変わるのかが見どころだ。
ところでこのバラ、どうしたことかまだ咲かないのだ。
もうみんな咲き終わっているというのに。
今日あたり咲いているかも。

EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

potatoさん、こんばんは。

可愛いですね、繊毛びっしり・・・・
こう言う話ワクワクしてしまいます。

花が咲いてpotatoさんの考えを書いてくれるのを、
楽しみに待ってますね~~~~

わりと濃いめの花が咲くんですよね。
もうちょっと大きくなると特徴がはっきりすると思うのですけどね。
うちにもともとあるタカネとは大分違います。
でもこちらの方が世でいうタカネに近いかもしれませんね。
どうなるか私も楽しむことにします。

色んな個体差があるんですね。
北広の山野草を扱っているお店にタカネイバラが安く置いてあったのですが、potatoさんのブログを見ているとうちにも一苗欲しくなりました。
鉢植えだったら育てられるかな・・・?ああヤバイな・・・

タカネイバラはそんなに巨大にはならないので可能だと思いますよ。
鉢植えでも大丈夫です。
花もいいですが秋には黄葉し赤い実がきれいです。
北海道ならではですね。

potatoさん こんばんは

今日工藤さんのお店に初めて行ってきました。
バラだけでなく、山アジサイや耐寒性フクシアなど
沢山の種類がありました。

バラの方は、H.ルゴサ、H.コルテジーはかなり品種がありましたが
モエシーやピンピなどの原種は全くありませんでした。
でも、ちょっと変わったところで、ロサ・カムチャティカというのがあり、
ハマナシとオオタカネ、あるいはカラフトイバラの自然交雑種なんだそうです。
葉はルゴサっぽい感じでちょっと気になるバラでした。
他にフェンヤもあって、葉の存在感は他を圧倒(あくまでも私見)でした。

工藤さんはもちろんいらっしゃらなかったのですが、原種が沢山みられるバラ園を
北海道に作ってほしいなどと書いたメッセージカードを置いてきてしまいした(笑)

バラリストが無いところが惜しいです。バラは時間をかけて選びたいですよね。

工藤先生は北海道に適正のある植物やバラを紹介しています。
H.コルデシーもルゴサの血を引いているので寒さには強いですよ。
ただ、赤いバラが多いのとつる性の強いものが多いですね。

>でも、ちょっと変わったところで、ロサ・カムチャティカというのがあり、
な、なんに~~!!!カムチャティカだって~~~!
ま、幻のルゴサじゃあ~りませんか~!
最初にヨーロッパに渡ったルゴサはカムチャティカではないかとも言われていてルドゥーテも絵に書いています。
あるのなら欲しいです。
ミスターローズの鈴木省三氏はハマナスとオオタカネバラの交雑種ではないかと言ってたそうです。
明日にでも行きた~い!

おはようございます。

カムチャティカ!昨日はありましたよ一株。
工藤さんのブログにもこの花を手に入れるのは大変だっと
あります。
potatoコレクションに加わるなら納得です!!

おかようございます。
工藤氏ブログ確認しました。
確かにオオタカネよりはカラフトイバラに似ていますね。

ブログにも書きましたが別用で土曜日から札幌へ行くのですが、バラ持ったままの行動はちょっと大変かな。
車で行って車に積んで置くしかなさそうです。
残っているかな。ああ~わくわくするな~!

ふふふ~、バラを車につんで持ち歩くpotatoさんのお姿を勝手に想像してしまいました。
工藤さんのところの株は結構大きいです~
無事手に入れられることをお祈りします。

電話してみました。
すると店員さんらしき女性がそのバラは今はないというのです。
昨日見たという人がいるのですが、というと、お待ちくださいと確認に出てありませんということでした。
それ以上は追及できませんでした。
その大きい株は売り物じゃなかったようです。
ブログを見る限りそんな感じかな?

ええ~!!
そんなことはないです。値段まで確かめませんでしたが、
名札がちゃんと書いてあって、他のバラと一緒に置いてありました。
名札の説明文にはミステリアスなバラだと・・
それを見て私がメモしてきたのです。
売り場は、Hルゴサ、Hコルテジーと同じところで、
端(お店とは逆の)に置いてありました。
名札の裏とかに非売品とか書いてあったのかな????

でも非売品だったら、売り物のバラと一緒に置くでしょうか???
う~ん。。
昨日は店員さんは2人いらっしゃいましたが、熟年の方も
バラ歴は1年ということでした・・・
間違いだといいですね。

おはようございます
土曜日、とにかく行ってみることにします。
情報ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。