野生のカラフトイバラ

4日の「実生 カラフトイバラ」で紹介したブログ「撮って置きの日々」に7ヶ所のカラフトイバラの自生場所が出ていた。
今日はそのうち比較的近い6ヶ所をまわってきた。
ナビに住所を入れてそれらしき場所を探したが結果的には1ヶ所しか見つけられなかった。
いまは夏草が高く伸びていて隠れてしまっているかもしれない。
それでも1ヶ所見つけられただけでも幸運だったかもしれない。

今日それぞれの場所を回ってみてブログの「まりあ」さんのすごさを感じさせられた。
きっとこの地域のすべての道を熟知しているに違いないと思われた。
私としてはバラを探しに行ったが結局は野草撮影に終始してしまった。
もっと時間があればじっくりいたいと思わせるほど野草たちは生き生きしていた。
このまりあさんは春光台地域の野草の本を出版したときの編集も行ったらしい。
ブログをじっくり見ていただければ何年もにわたってこの地域をくまなく歩いていることがわかる。

さて、唯一みつけたカラフトイバラ。
じっくりご覧いただこう。
1108カラフトイバラ野01
これは末広8条7丁目の株である。
すごい株の大きさ、というか一株ではないだろう。
この横に別の株もある。

1108カラフトイバラ野02
丸い実からカラフトイバラであろうことがわかる。
もちろん実に棘はない。

1108カラフトイバラ野03
堀の深い葉脈で我が家のロサ・マレッティとはかなり様相が違う。

1108カラフトイバラ野04
どちらもおなじ株の葉っぱだ。
葉っぱの感じも托葉の形も我が家のロサ・マレッティとは違っている。
どう考えたらいいのかちょっとわからない。

今日も31.9℃と暑かった。
これで4日連続真夏日だ。
明日もまだ続くそうだ。

EOS 30D
TAMRON AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。