水やり何年?

7月は稀に見る少雨でした。
バラは鉢物ばかりなので毎日の水やりに追われました。
8月に入って今度は雨ばかりです。
こうなるとまた水のやりかたがわからなくなってきます。
今年は過湿が原因と思われる根腐れで2本のバラをだめにしてしまいました(トホホ)

水やり3年といいますが、私の場合8年経ってもまだその方法を習得しきっていないようです。
一応のセオリーは知っているのですよ。
土の表面が乾いてから水をやること。
水をやるときはたっぷりと鉢底から水が流れ出るまでやること。
ついでやりやちょろやりは禁、などです。
でも実際やるとなるとなかなか難しいものです。

私の場合、何が問題なのかチェックしてみたいと思います。
1.時間が無いときなどはしっかり確かめずに水をかけてしまうことがある。
2.朝、微妙に土が湿っているが夕方まで持つかどうかが微妙なとき、つい半端な水のかけ方をしてしまう。
3.水枯れが怖くてつい大きめの鉢に植えてしまう。
4.夕方、水枯れしていると夜やりになるものが出てくる。

私の場合、朝の水やりですべてが決まります。
朝の水やり後は夕方まで手を出すことができません。
そこが神経質にならざるを得ないところです。
しっかり根が回っているものはいくら水をかけても心配は無いのですが、新苗から成長過程のものは乾き具合が変化するので神経を使います。
成長して鉢が乾くようになると鉢増しのタイミングも難しいですね。
その日のお天気が読めないときも困ります。
乾き具合が微妙なものはできるだけ持ち上げて重さをチェックすることにしているのですが。
でも、カナリーバードは新苗から6号鉢に植えつけて2ヶ月、そのままで枯れました(本当に過湿だったのか?)
去年、植えたローゼリーナは春に真っ先に葉を広げましたが突然葉が黄色くなって枯れ、マダム・ジョルジュ・ブリュアンはピンチです。ひとつ小さな鉢に戻すかどうか思案中。
みんなはどうなのかな~?
ブラン01
ポツリポツリと返り咲くブラン・ドゥブル・ド・クベール
しっかり茂ってしまえば大丈夫なのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。