ブルーベリーの紅葉

今日は11月に行われるGLEE FESTA in ASAHIKAWAのプログラムの原稿を書かなければならないので今日は写真だけ。
締め切りが今月いっぱいだからちょっと焦っている。

原稿は男声合唱組曲「月光とピエロ」の解説。
日本の男声合唱の原点あるいは古典といっていいほどの名曲だ。
堀口大學の処女詩集「月光とピエロ」の5つの詩を作曲したものだ。
作曲者は清水脩。日本男声合唱の父といっていい存在だ。
有名な曲だから何を書くかがちょっと難しい。
凝るつもりはないが在り来たりでもつまらない。
いまネタ探しに賢明だ。

1110ブルーベリー01
ブルーベリーの葉が見事に赤くなっている。

1110ブルーベリー02
赤いのは木の上のほうで下のほうは黄色だ。
やはり寒さが直接あたるところが赤くなるようだ。

EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月光とピエロ 懐かしいです。
もうすっかり 遠ざかってしまったけど・・・
こちらで知っている楽曲名とか出てくると それだけで懐かしく嬉しくなります。
potatoさんの原稿 どんなふうに仕上がるのでしょう。。
頑張ってください~。

私の学校は女性合唱だったのですが、
男性合唱の重厚なハーモニーが大好きでした。

合唱がなつかしい・・・。
今は練習に全く通えなくなる季節があるので やっていませんが 
いつか落ち着いたら また歌いたいです。。
いろいろな演奏会も 聞きにいきたいな。

今日は 台所で むか~し歌ったうるおぼえ「野ばら」をなんちゃってドイツ語で(ノリノリで)歌っていたら 相方が帰ってきてちょっと恥ずかしかったです~。

でも やっぱり 歌は楽しいです♪

ごまきゅ。 さんも合唱をやっていたのですね。
私は飽きもせず長いことやっています。
最近は声の持続性がなくなってきました。
でも、男声合唱は楽しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。