Ice Rose

金曜日、土曜日と連続で飲み会がありちょっとげんなり気味の日曜日。
でも、今日は11月26日に旭川で行うGlee Festaの合同練習で札幌に行ってきた。
3団体の合同曲はシューベルトの男声合唱曲集から3曲。
アルトソロありホルン伴奏ありでなかなかバラエティには富んでいる。
曲自も表現豊かで美しい旋律もある。
もちろんすべてドイツ語でやるわけだが、速度が早くて言葉が入りきらないところがあるのだ。
口が回りきらないといったほうが良いかもしれない。
早いので歌詞を読みながら歌うことは不可能でだ。
口をついてすらすら出てくるようにしないとテンポに乗って歌うことは難しい。
そんなわけでみな苦労して覚えているようだ。
とんでもない曲を選んでくれたなぁと、口には出さねど思っている人は多いかもしれない。

1111フェアリー01
11日にも霜が降りた。
ザ・フェアリーが氷の菓子のようになっている。

EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

potatoさん
お言葉に甘えてお邪魔させていただきました。

シューベルトの合唱曲でアルトのソロがある・・・
もしかして D.920 のセレナードでしょうか。
格調高く美しい日本語の歌詞も素敵ですが、やはり原語に勝るものはないように思います。
合唱も、歌曲も、「その言葉」につけられたリズムであり旋律なのですもの。

うっすらと霜をまとったフェアリー、コロコロとした花姿と相まって本当にお菓子のようですね(^^♪
今年は信州もいつまでも暖かく、我が家ではシティ・オブ・ヨークとバフ・ビューティーが返り咲きました。

>もしかして D.920 のセレナードでしょうか。
アルトソロがあるというだけで言い当てるなんてすごいですね。
やはり音とのマッチングはそれは原語の方がいいですよね。
指揮者がドイツ語専門なものではりきっています。
意味を説明してもらえるのがいいですね。

バラは葉っぱをむしってしまったのですが花だけ残してあります。
今朝は例年よりかなり遅い初雪がちらつきました。
明日はもっと降りそうな気配です。

おはようございます

言い当てた、というより、たまたま知っていただけですよ(笑)。
指揮者の方がドイツ語専門でいらっしゃると言うのは、心強いですね。

そちらではもう雪なのですね。
薔薇の赤い実が真っ白な雪に映えてさぞ美しいことでしょう。
Ics Roseとはいかにもピッタリで、素敵なナーミングです。

こんばんは

今日は札幌でシューベルトの練習があり行ってきました。
あれだけコリャだめだと思ったのに、口がだんだん動くようになってきました。
不思議なものですね。

雪とバラの実のコントラストはきれいです。
原種バラのいいところはこういうところですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。