しばれる

今日の旭川は、今シーズン初めて-10℃に達した。
12月に入ったのだから特別なことではない。
旭川市郊外の江丹別では-15.7℃、上川北部の下川町では-18.9℃あった。

北海道の方言に「しばれる」といいう言葉がある。
「今日はしばれるねぇ」なんて風に使う。
意味は「寒い」という意味だが、吹雪いて寒いときには使わない。
無風晴天の夜や明け方に放射冷却によって冷え込んだ日に使うのだ。
-10℃くらいでは使わない。

もうひとつ、物が凍ってしまったときに使うことも多い。
「いやいやイモをしばらかしてしまったよ」とか「イモがしばれてしまったよ」なんてふうに使う。
「水道がしばれて出なくなっちまった」ともいう。

「しばれる」の語源は「柴割れる」ということらしい。
でも柴といういいかたは北海道に馴染まないような気もする。
専門的な用語では「凍裂」という言葉がある。
これは-30℃近くになると気の中の水分が凍結膨張して木が縦に裂ける現象だ。
しばれた夜に、森の中から「カーン」とか「パーン」とか音がする。
凍烈の音が聞けるサイトがあった。
凍烈で木が割れても縦に裂けるだけなので、水を吸い上げる導管などに損傷はなく、木の生命や成長には影響がないそうだ。

1111マイナス10度
気温の割には穏やかな朝だ。
パウリーに雪が積もっていた。
一昨年、鉢から地植えにした。
去年は縛って寝かせたが、今年はグンと成長してどうもまとめにくくなった。
それで今年は仕方なくそのまま放置だ。

NEX-3
E18-55mm F3.5-5.6
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

勉強になりました。

-10℃くらいでは使わないんですか~?
さすが旭川ですね。
現在-7℃。雪の表面にある結晶がキラキラ光ってきれいです。
でも、まだまだ「縛れる」は使えませんね~

そういえば、今日の雪は軽くて、雪はね と言う言葉が
ピッタリだなと思いながら雪かきをしていましたが、
北海道では雪かきとは言わないのですか?

ロサグリーンさん

札幌なら使うのかもしれませんね。
旭川で-10℃は1月2月ならほぼ毎日ですからね。
しばれるは特に寒いという意味も含んでいますから、旭川だと-15℃いかくらいでしょうかね。

雪はねという言葉は最近あまり使わなくなりましたね。
やはり雪かきが一般的です。
昔は少しの雪なら竹ぼうきで掃いたものです。
そんな感覚が雪はねという言葉になったかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。