-18.1℃の川

きのう寝る前に玄関の温度計を見たら-18℃だった。
こりゃー明日は何度になるかと思っていたら。
朝も-18℃だった。
明け方曇ったのでそれ以上気温が下がらなかったのだ。
でもこの時期に-18℃はちょっと珍しいかもしれない。

久々にカメラを持って石狩川に出かけた。
曇っていて朝日を撮ることはできなかったが、川から霧が上がっていた。
水の温度より外気が極端に低くなるとき起きる現象だ。
その霧が周囲の木々について白く枝を飾っていた。

1112寒い日の川01
橋の上から

1112寒い日の川04
川からはもうもうと湯気があがっている。
ここに朝日が差し込むと綺麗なんだけどね。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

potatoさん、こんにちは。

綺麗ですね~~~~
落葉樹の冬の姿が好きなのですが・・・・・
この風景は良いですね。

川から霧があがる現象が有るなんて知りませんでした。
寒い思いしないで素敵な写真を見せて戴いて、感謝。

tokiさん

この川霧は町中を覆い尽くすほどになることもあるんですよ。
そうなったら、ちょっと高いところに上がって町が雲海に沈むところを撮影してみたいものです。
2008年の写真です。
http://potato50.blog93.fc2.com/blog-entry-183.html
樹氷も青空だとよく映えます。
http://potato50.blog93.fc2.com/blog-entry-186.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。