ニシン漬け

北海道にはニシン漬けという漬物がある。
材料は身欠きニシン、キャベツ、大根、ニンジンを塩と麹で漬けたものだ。
細切りの生姜や鷹の爪を加えるとグンとおいしくなる。
冬の典型的な漬物だ。
子供のころから私はこれに目がない。

私の母はこれを小さめの樽に漬けていた。
食べ始めはあっさりとしていて甘みが感じられるのだが、途中から酸味が出てくる。
終わりころにはかなり酸っぱくなる。
臭いもかなり強烈になって玄関などには置いておけない。
こうなると「わいてきたね」といって水にさらして食べるか処分してしまうこともある。
でも私はこの頃の酸っぱくて臭いやつが何とも好きだった。

ネットで調べてみたら、ニシン漬けは北海道だけのものではないらしい。
東北でも広く漬けられていたようだ。
大根をいちょう切りにすることもあるようだが、私はだんぜん乱切りでなくてはならない。
あのゴロゴロとした感触と噛みごたえが違うのだ。

うちの相方はこの世に漬物はなくてもいいと言い、ほとんど漬物をつけない。
漬けてもせいぜい浅漬け程度だ。
したがって漬物が食べたいときは買ってくることになる。
この季節になるとニシン漬けもスーパーで売られている。
買って食べてみるがどうも納得がいかない。
酸味がほとんどないのだ。
ああ、またあの酸っぱいニシン漬けが食べてみたいと思うこの頃だ。

1201夏の庭01
7月3日の庭。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは

もう笑うしかないくらいの大雪で、今朝からの除雪が
ようやく一段落したところです。
本当に、こんな頃があったなんて夢のよう・・・
種まきをしたいのですが、雪の中に埋めるにも、
足場もなく途方に暮れています。

ニシン漬け、美味しいですよね。
義実家でいつも漬けていましたが、2人とも病気をわずらい
今年はありませんでした。
おせちも私や実娘達がつくって持っていきましたが、
別居嫁の私は北海道の味は出せません。
松前漬も・・・
文化、伝統の継承はとても大事に大切にしたいと頭ではわかっているものの、
やはり嫁の立場になると踏み込めずにいる自分です・・・^^;

potatoさんのニシン漬け・・・きっと美味しくできるのでは?

そちらはまた吹雪いているようですね。
旭川は昨日の朝少し積もってからは全く降っていません。
積雪は完全に旭川を抜いちゃいましたね。
夏と冬のギャップが大きい分春がうれしくなります。

ロサグリーンさんもニシン漬け食べましたか。
だんだん北海道の人間になっていきますね。
地元の人もだんだん漬けものを漬けなくなってきました。
いまは売っていますからね。
環境のこともあり仕方ないのかもしれませんね。

おはようございます。

こちらはもう笑っちゃうくらいカラカラです><
風が吹くと土ぼこりが舞うほどです。
霜柱もできずぬかるみもできず。
週間予報もずっと雨マークなし・・・。

ニシン漬け、potatoさんご自分で作ったらいかがですか?
今は男の方が厨房に入っても全然おかしくないですよね。
うちのダンナはなにもしないですけど^^;

私もこの世に漬けものはなくていい派かもしれません。
ぬか漬けだけは義母が亡くなってから漬け始めましたけど。
自分では食べないし味もよくわかりません^^;
状態を見てぬかを足したり塩を足したりしています。

今年は冬型が続いていますものね。
こちらは幸い年が明けてからは穏やかです。

>ニシン漬け、potatoさんご自分で作ったらいかがですか?
実は、私もあまりやらないタイプです。
仮に作っても食べるのは私だけなのでつまらないということもあります。
また、今からだと置き場に困ります。
物置だと凍ってしまいますし、家の中は臭いがして駄目ですね。
作るのなら11月から12月初旬まででしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。