月光とピエロ、その出来栄えは?

去年11月26日に行われたGLEE FESTAのCDが出来上がってきた。
我々の単独演奏は前にもここで書いたが「月光とピエロ」
演奏後の評判はなかなか良かった。
評判は良かったけれどCDを聴いてみてがっかりということは今まで何度もある。
だから聴くまでは変に期待を持たないことにしている。

家に帰って聴いてみて真っ先に「おお~!」と思った。
第一声の感じがぴったりとはまっていたからだ。
どこかで大崩れするのではと聴きすすんだが大きな破綻もなく聴き終えた。
音程、バランス、声質もまあまあ。
こういうア・カペラの曲で必ず起きる音程の下がりもほとんどなく、そして何より音楽として成り立っていた。
そしてこの曲にとって最も大事な抒情性がしっかりと表現されていると思う。
もちろん細かなミスや崩れ、言葉の不揃い不明瞭も随所にあるが音楽を壊すところまでにはなっていない。
これを20人で歌っているとは思えないほどのダイナミズムもしっかりある。
ここまで自分を褒められるのも珍しいことだ。
私個人としては3日前の強化練習の時のほうがはるかに声が出ていた。
当日は逆に3日前の疲れが取れずにメインの高音部でファルセットに逃げてしまったことが悔やまれる。

ひどかったらやめるつもりでいたが、音源を披露したいと思う。
マックでも聞けるようにMP2で入っている。
1曲目の「月夜」の詩を載せておく。

月夜

月の光の照る辻に  
ピエロさびしく立ちにけり

ピエロの姿 白ければ 
月の光に ぬれにけり

あたりしみじみ見まわせど 
コロンビ-ヌの かげもなし

あまりにことの 悲しさに 
ピエロは 涙 流しけり



男声合唱組曲「月光とピエロ」
1.月夜
2.秋のピエロ
3.ピエロ
4.ピエロの嘆き
5.月光とピエロとピエレットの唐草模様

1201朝日をうける山01
朝日を受けてほんのり色づく山。

昨日の太陽の柱は「サンピラー」でよさそうだ。
おそらくダイヤモンドダストが生み出した現象だと思われる。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

potatoさん

寒い日が続いていますね。

今朝、室内に播いておいたノイバラが1つだけですが発芽しました。
バラの芽を見るのは実は初めてのことで、かなり嬉しいです!!
春まで窓越しで、無事に育つといいのですが~ ^^V

ロサグリーンさん

返事遅れてすいません!
室内にノイバラを置いているのですか?
咲いたら面白いですね。
そういえば私も挿し木したノイバラを室内で冬越ししたことがありました。
その時は咲きませんでしたね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。