京成バラ園

先日の5月26、27に京成バラ園と草ぶえの丘バラ園に行ってきました。
久々の千葉県参りです。
前回行ったのが2004年だから8年ぶりになります。
その頃は草ぶえの丘バラ園はなく同じ佐倉市の別の場所でローズガーデン・アルバとしてやっていました。
あの頃も原種のバラが見たくて上記二つのバラ園のほかに神代植物公園にも行きましたが、今回は神代には行ってません。

二日とも良いお天気で少し暑いくらいでした。
でも、日陰に入ると涼しい風が吹いて快適でした。
ただ、写真撮影にはちょっと日差しが強すぎたようです。

1205京成_遊歩道01
八千代緑ヶ丘駅から遊歩道を歩いて京成まで行きました。
すがすがしくて気持ちの良い道です。

1205京成01
京成バラ園に入ってみると、まさに満開。
たくさん咲きすぎていて汚いくらいです。

1205京成ローブリッター01
ローブリッターのベッド仕立て。見事です。
うちもローブリッター復活してきたので、こんな風にしようかな。

1205京成_つる粉粧楼01
ツル粉粧楼だそうです。
こんなに伸びるのですね。

1205京成_ノイバラ01
日本の原種のところに来ました。
ノイバラが満開でした。
いろんなところのノイバラがありました。

1205京成_フジイバラ01
これはフジイバラ。

1205京成_ロサ・マネッティ01
ロサ・マネッティ。
よくロサ・マレッティと間違えられる。
その証拠にロサ・マネッティで検索するとたくさんのロサ・マレッティが現れる。

1205京成_ロサブルノニーラモートラ01
ロサ ブルノニー ラモートラですと。
かなり伸びるようで2メートル以上ある柱を登ってました。

1205京成_ロサ・ルゴサ 野付ピンク
ロサ・ルゴサ 野付ピンク
野付ルゴサにピンクもあるんだね。
これはルゴサっぽい葉っぱだ。
以前、白花も見たことがあるが葉っぱはルゴサとはちょっと違っていた。

1205京成_マイカイ01
巨大なマイカイ。
こんなに大きくなるんだね。
北海道ではどうかな?


旭川空港を降りるとどうしたのって思うほど冷たい風が吹いていた。
気温のギャップにさすが北海道と妙に感心してしまった。

東京方面も昨日は大荒れで大雨や雹が降ったらしい。
ぎりぎりセーフの幸運だったようだ。

明日は草ぶえ。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

京成バラ園

私は今回初めて京成バラ園へ行きました。
potatoさんよりう~んと近い所に住んでいるのに(汗)

原種系のバラのエリアで「野付」とか「足寄」とかの名の付くバラを発見して、なんだか嬉しかったです。
そして掲示板で話題になっているバラたちも♪

千葉は暑かったでしょう!
かなり混んでいたのではないでしょうか。
お疲れ様でした。



potatoさんったら。
私26日に京成バラ園にいましたのに。

Joさん

Joさんも京成に行ってらしたのですか?
すごい人出でしたね。

野付とつくルゴサは鈴木省三氏が北海道の野付半島付近で採取されたバラなのです。
確かにいいお天気暑かったですが日陰に入ると涼しい風が吹いていましたよ。
楽しい時間が過ごせました。

あっちゃん

あちゃ~!
ひょっよしたらすれ違っていたかもしれませんね。
26日は私は午前中ずっとしました。
午後は草ぶえの丘に移動しました。

私はおはようローズガーデンで6時半から12時くらいまでずっといました。

http://pompeechan.web.fc2.com/keisei1205261.html

きっとすれ違いましたね~。

よっこらしょって立ったり座ったりしていたのですが・・・見ませんでしたか?(笑)

こんにちは。

>たくさん咲きすぎていて汚いくらいです

同じように思う方もいらっしゃるんですね(笑)
この印象が強くて、もう10年くらい行っていませんが、
原種やルゴサなど、見に行きたくなりました。

草ぶえの写真も楽しみです。

あっちゃん

京成バラ園はそんなに早くから開いているのですね。
早朝のバラ園は格別きれいですからね。
私も近くに宿泊していれば早朝に行きたかったです。
朝6時半なら会えたかもしれないですね。
でも、お互い顔を知りませんけどね(笑)
あ、私は「マイガーデン」で写真を拝見してましたね。

もっと時間があれば「バラの家」にも行ってみたかったです。

きゃらぼうさん、こんにちは

>同じように思う方もいらっしゃるんですね(笑)
共感いただきありがとうございます。
HTやFもそれぞれで咲いている分にはいいのですが、これだけ無秩序に集合すると違和感を覚えてしまいます。
HTやFなどびっしり花をつけるバラは、植え方をもっと工夫できないものかと思ってしまいます。
地面がカンバスだとすればどこにどの色を塗れば美しくなるのか考えるはずです。
管理するうえではこのように四角く区切るように植えるのがやりやすいのでしょうけど。

原種は新芽や葉、枝色、棘、そして実まで楽しめるところがいいところです。
それが本来のバラの姿ですものね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。