草ぶえの丘バラ園

昼に京成を離れ「草ぶえの丘」に向かいました。
草ぶえになってからは初めての訪問です。
ちょっとわくわくします。

昔のローズガーデンアルバに比べると広さもガーデンデザインも立派になりました。
現在は1050種類 2500株のバラが植えられています。
少ないように思うかもしれませんが、それはここのバラは原種とオールドローズがほとんどだからです。
モダンローズが中心のほかのバラ園と違うところです。

1205草ぶえの丘01
バラ園へのゲートです。

1205草ぶえの丘02
案内所

1205草ぶえの丘03
ここはサンタ・マリアの谷と名付けられたところです。
朝の光を受けて輝いています。(翌27日朝に撮影)

1205プレズントヒルセメタリー01
ここからはサンタマリアの谷で気を引いたバラを紹介します。
これはプレズント・ヒル・セメタリー(Pleasant Hill Cemetery)
(Tea-N)とあるのでティーかノアゼットかといいうことなのでしょうか。
こんなバラも素敵だなとは思いますが北海道では無理でしょうね。

1205プレズントヒルセメタリー02
同じバラです。

1205アヂアンティフォーリア01
アディアンティフォーリア(Adiantifolia)
どうやらルゴサのようですが、初めて見る名前です
葉っぱが面白いですね。
花が咲いていなかったのは残念。

1205リタウマ01
植えのパーゴラのある写真の左下にある白い花がこれだと思います。
名前はリタウマ(Ritausma)というラトビア生まれのルゴサです。
おそらくポーラー・アイスと同じバラだと思われます。
この写真は別な場所撮影。

1205ミセスビソーズローズ01
ミセス・ビソーズ・ローズ(Mrs Buiso's Rose)
ムタビリスの枝変わりのようです。
つる性で上のパーゴラ写真の左の柱にあるのがそうです。
ムタビリスのように最後はあまり赤くはならないということです。

1205草ぶえの丘05
いつもそうですがきれいな景色があるのにバラを撮るのに夢中になって忘れてしまいます。

1205草ぶえの丘06
たしかカフェの建物だと思います。
ピンクの花はリナリアでしょうね。

次回からは原種、ルゴサ、オールドローズなども交えて写真中心でいきます。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは


なんだか、ドキドキします~
早朝の人気のないバラ園はいいですね。
朝日がきれい・・・
原種・・どんなのがあるんだろう~^^

potatoさん、今年のバラはどうですか?
こちらは去年よりかなり早く蕾があがっているように
感じるのですが・・・
去年は6月下旬の開花でしたが、このままだと
中旬にはもう咲き始めそうな感じです。
百合ヶ原・・・どんなかんじでしょうね。
それと、モエシーとマクロフィラの子供も百合ヶ原にいるのですね。
potatoさんの写真がひっかかりました。
今でも原種あるのかなあ・・・

ロサグリーンさん

早朝のバラ園はいいですよ。
バラ園に限りませんが早朝は光の量がちょうどいいですし、
逆光の写真を撮るには最高の時間帯です。
もうひとつのポイントは朝露です。

こんにちは。

プレズント・ヒル・セメタリー(Pleasant Hill Cemetery)があるんですね!
うちにも、植えて2年目の小さな株があり、春の花が咲いていますが、
こうして写真を見せて頂くと、まだまだ花が幼いです。
2~3年後にはこういう姿になるのかと思うと楽しみです。

拡張してから行っていませんが、やはり素敵なバラが増えているようですね。
今年はシーズンが一段落したら是非とも行きたいです。
(花がなくとも葉や樹形を見るのも良いものかと・・・)

potatoさんこんにちは~~

上から2枚目の写真を見て昔のアルバを思い出しました。
今まで気が付かなかったです。

写真って楽しいですね~~~
potatoさんが写したいなと心が動いたシーンを見れるので、
これからの写真アップ楽しみにしています。

きゃらぼうさん、こんにちは

プレズント・ヒル・セメタリーは風情のいバラですね。
淡いこの色も好きですが、北海道では無理そうです。
草ぶえの丘はアルバの時代から見ればかなり広くなりました。
種類も増えていと思います。
そして、そこで見たバラから苗を作ってもらえるのがうれしいですね。

tokiさん、こんいちは

>上から2枚目の写真を見て昔のアルバを思い出しました。
そういえばそうかもしれませんね。

写真今になってみてみるとあんまりいい写真がないのでがっかりしてます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。