原種の魅力

原種の魅力の魅力は何と言ってもその素朴さだろう。
普通の人から見ればほとんど同じに見えるのかもしれない。
しかし、何でも一つのものに興味が行くと細かい違いが重要になってくる。
花びらの抱え具合、反り具合、大きさ、形、わずかな色の違い。
葉っぱの色やのこぎりの切れ込み方、光沢の有無、葉脈の深さやその模様。
枝色、棘の色や形、密集度。
樹形に大きさなど、様々な要素の組み合わせの中に絶妙にお好みのものが出てくる。

モダンローズだったらまずほとんど間違いなく同じといえる木に同じ葉っぱで同じ花が咲く。
しかし、原種の場合は分からない。
野生種は実生で増えるので微妙に見た目や性質が違っているからだ。
自家受粉もあるだろうが他の株との交雑もあるだろう。
同じ親から生まれても兄弟の顔が違うようなものだ。
だから、原種の場合名前だけで買うとイメージしてたものとは違うものが来ることが多い。

それ故に野生バラの鑑別はとても難しい。
それ故に野生バラは不可思議でおもしろい。

草ぶえで撮った原種を紹介する。
私としては馴染みのないバラが多くて楽しかった。

1205ロサフゴニス01
ロサ・フゴニス(Rosa hugonis) ピンピネリフォーリア節
ピンピのバラは通常早咲きで普通なら終わっているところなのだが幸運にも花が咲いていた。
黄色の原種ならほとんどこの仲間だ。
ピンピにしては小葉の間隔が広めだ。

1205ロサシクラ01
ロサ・シクラ(Rosa sicula) カニナ節
花はいかにもカニナという感じだ。葉はやや小さめかな。

1205ロサカウダータ01
ロサ・カウダータ(Rosa caudata) キンアモメア節
ほんと面白い。やはりキンナモメアの顔をしている。
咲き始めは少しピンクなのだろうか?
わりと小さな葉っぱだ。そして実がどうなるのか見てみたいところ。

1205ロサマルギナータ01
ロサ・マルギナータ(Rosa marginata) カニナ節
葉っぱはキンアモメアかと思う。
でも蕾を見るとカニナかなと思う。

1205ロサヘムスレイアーナ01
ロサ・ヘムスレイアーナ(Rosa hemsleyana) キンアモメア節
上のマルギナータとよく似ていいるが決定的な違いはガクの形だろう。
カニナ節にはこのようなガクの切れこみはないと思う。
*調べたら切れ込みのあるものがありました。すいません<(_ _)>

1205ロサスーエリアーナ01
ロサ・スーリエアーナ(Rosa soulieana) シンステラ節
これ時々バラ園で見かける。
いかにもシンステラらしい伸びと房咲きだ。

こうやってバラを一つ一つ調べてみることを久しくやっていなかったように思う。
何年か前に夢中で調べていた時の感覚が少し蘇ってきた。


温泉から帰ってきたらイコロで買ったオオタカネが咲いていた。
今朝見たら昨日咲いた分は散りかかっていた。
まだ蕾があるのでいい写真を明日狙ってみる。
ちょっと気になるのは花茎に棘も繊毛もみられないのだ。
う~ん!
あとは実がどんな形になるのか見みよう。

EOS 5D Mark II
EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

potatoさん、こんにちは。

カニナ節にはガクに切れ込みが無いんですか?

どのバラが好きかな~~~と公園を歩くのが好きなので、
節の特徴を考えながら歩かれているpotatoさんのお話しは、
楽しいです。

tokiさん

>カニナ節にはガクに切れ込みが無いんですか?
いや、勢いで書いちゃいましたが、これは間違いでした。
切れ込みのあるものもありました。
訂正します。

こんばんは~

原種、確かに細かなところまで見てしまいますね。
絶対にモダンローズにはない魅力です。
節を意識すると特徴が見えてきますね。

ロサ・メリナ・・・私雰囲気好きになりました!
potatoさんの写真には百合ヶ原の原種の写真が沢山あります。
公園ブログでカナリーバードが開花したとありました。
そろそろ、調べに行ってみたいと計画しています。
名前の札、残っているといいな・・・

ロサ・メリナ、魅力的ですよね。
大野農園で売ってますね。
あと草ぶえのバラリストにあれば買うことができそうです。

でもちょっと謎のバラです。
ただ検索しても画像が乗っているケースは非常に少ないですね。

「ロサ・メリナ」の写真を探して検索すると、でてくるのはtokiさんとすみごんさんby草ぶえ。
そのほかはほとんどありません。
見つけたと思ったら
http://blogs.yahoo.co.jp/hatikujyu/24007981.html
フェンスにいっぱい咲いている写真はどうもナニワイバラのようです。

「Rosa Melina」で画像検索してみても写真は非常に少ないですね。
別名を含めて調べてみる必要がありそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。