ゲラニウム

ゲラニウムが次々と咲きだしました。
ゲラニウムは大変が春の一季咲きですが、中には夏に咲くもの、秋に咲くものもあります。
基本的にゲラニウムは原種が多く、園芸種も原種からの選抜種が多く基本的には原種のままです。
しかし、最近では交配種も増え四季咲きや見栄えのいいのものも多くなりました。
とはいってもまだまだ全体から見ればわずかです。
交配種のほとんどは種ができないことが多いようです。

0609G.マクラツム01
G.マクラツム
明るいピンクで最も早咲きの種です。

0609G.マクロリズム01
G.マクロリズム・アルバム
G.マクロリズムの白花です。葉に独特の香りがあります。

0609G.ファエウム・リヴィドゥム01
G.ファエウム・リヴィドゥム
ヨーロッパ原産の原種です。
パステルカラーでなかなか綺麗です。
花が褐色の黒花フウロの仲間です。

0609.G.ピレネカム・ビルウォリス01
G.ピレネカム・ビルウォリス
花色は普通のピレネカムよりやや濃く、何よりも茎の色が赤いのが特徴です。

0609チシマフウロ01
チシマフウロ
北海道から本州の高山地帯に分布している日本のゲラニウム。
花は少し大きめで紫色、濃い花脈が特徴です。

ゲラニウムはこれから次々と先きます。
バラの咲く時期とかぶってしまうのでいつも紹介する機会を失います。
今年は全部紹介することを目指したいと思います。
おそらく40種くらいはあると思うのですが・・・消えちゃったのもあるのでどうかな?


EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ゲラニウムの全部の紹介楽しみにしています。

今回の紹介でチシマフウロがとびっきり素敵ですね。
G.マクラツムの淡いピンクも小さめな葉も良いかな~~~

ゲラニウムは何本か育てたことが有るのですが、
花の写真が良くて選んだら葉が大きかったり、
思っていたより大きな株に育って困ってしまった事が有りました。

今は一本だけ白いゲラニュームが気に入って株分けで増やしています。
一面そのゲラニウムが咲いてくれる様に成るといいなと計画中。

好きなのに名前が判らなく成ってしまっているので困っています。

tokiさん

ゲラニウムは高温多湿が苦手な植物なので、関東では夏を乗り切るのが難しいかもしれんません。
何種かは暑さに強いものがあって、G.サンギネウムやG.マクロリズムなどは暑さに強いと思います。
トキさんの名前が分からなくなったゲラニウムについては掲示板に書いておきました。
ゲラニウムについて興味を持ったのなら、私のホームページの「ちょっとだけGeraniumライフ」を見てみてください。
大分前に作ったものですが現在はもっとたくさんの種類があります。
追々、紹介したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。