庭再び

ここしばらくバラや植物に対する熱が冷めていたことを白状します。
単に興味が薄れていったわけではなくて、他に興味を持つことが現れたからです。
それは何かって?まあ言うのはやめておきましょう。
でも、それも一つの区切りがつきました。

そんなわけで、庭は荒れ放題とまではいきませんが、ジャングル状態になることが多くなっていましたが、
去年あたりから、また庭を新たに作り直してみたいという欲求が起きてきました。
庭を始めたころは朝4時起きで庭づくりをしたものですが、さすがにその元気はありません。
そこで年齢もいいところに来たし、退職してもう一度庭をやり直そうかと思い始めています。

もう一つ、なかなか取りにくかった休暇を取る必要がなくなれば、
庭めぐりの旅に行きやすくなります。
そんな楽しみにもわくわくしています。
カメラを持つことも減少していたのでそれも復活したい。

そんなわけでまず手始めにブログを復活しようと思ったわけです。

150608シュネーツベルグ01
シュネーツベルグ(HRg)
かわいい半八重平咲き、まだ小さい木ですが大人になってもそれほど大きくはなりません。

150608マイカイ01
マイカイ
三度目の挑戦です。相性が悪いのか過去二回は一年も持たずにお亡くなりになりました。
今回は三年目に入り順調に成長しています。

150608シュネーリヒト01
シュネーリヒト(HRg)
最初のころは白のルゴサが少なかったのです。
それで意識して買うようにしていたらけっこう増えてきました。
ヘンリーハドソン、スヴニール・ド・フィレモンコシェ、シュネーツベルグ、スノードン、マリー・ブニェ
こんなもんかな?

150608ロサ・ルゴサ・ピンク01
ロサ・ルゴサ・ピンク(Sp)
ルゴサのピンクバージョンです。

こうして書いていると、長い間バラの名前を書いていなかったなと思います。
庭の植物もとっさに名前が出てこなかったりしてちょっと焦ります。
これからはボケ防止のガーデニング。


EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8 マクロ USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

きれいですね

potatoさん、こんばんは。
ブログ再開うれしいです。
ルゴサにも色々あるものですね~、うちにもサーモンハマナスという名で買ったのがありますよ。
また楽しく勉強になること教えて下さいね。
庭づくりの方も興味津々。
私も花の名前が喉元にひっかかって出てこないことが多いです。

サーモンハマナス?

さっそくありがとうございます。

サーモンハマナスは初耳なので調べてみましたが、すべてミントさんのところでしたね。
写真を拝見したとことでは、ロサ・ルゴサ・ピンクかフラウ・ダグマー・ハストラップのどちらかだと思います。
ロサ・ルゴサ・ピンクはオールドローズ花図譜のロサ・ルゴサ・ソフトピンクと同じと考えていいと思います。
花弁が比較的ピンと伸びて開くのがフラウダグマーハストラップ、少しくしゃっとした感なのがルゴサ・ピンクです。
樹形はフラウダグマーハストラップのほうが横張りで背が低いです。
私のブログ内にもありますので比べてみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。