雨の中で咲く

天候不順の中でもバラは少しずつ咲いている。
雨に濡れたバラも嫌いではないが、重くなって首が折れてちょっとかわいそうなこともある。
特に花弁数の多いバラは大変だ。
時折、枝ごと折れてしまうこともある。
水って重たいんだよね。

150610ハンザ01
ハンザ(HRg)
ラベルの文字が消えてロズレー・ドゥ・ライと見分けがつかないのだが、樹形で判断。

150610コンラートフェルディナントマイヤー01
コンラート・フェルディナント・マイヤー
かなり樹高の高く大きくなる品種なので、鉢では苦しいのかもしれない。
今年はちょっと勢いがない。

150610フィンブリアータ01
フィンブリアータ
花が小ぶりな割には木だけはやたら大きくなるようだ。
それなら派手にたくさん咲いてほしいのだが、どうなるか。


過去の自分の記事を再度読み直してみた。
けっこう花以外のことを書いていることに気が付いた。
今もいろいろ思うことはあるが、私はそれを文字に起こすのに時間がかかるほうなのでちょっと億劫になる。
これから、時間ができたらまた書いてみたい・・・かな?


EOS 5D Mark II
EF100mm F2.8 マクロ USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。